ホーム > まち・環境 > 上下水道 > 下水道 > 公共下水道への接続

ここから本文です。

更新日:2018年5月24日

公共下水道への接続

下水道管の工事が完了しても、家のトイレや台所の排水管を接続しない事には、下水道管としての整備効果が発揮できません。

下水道の供用開始の公示がなされた区域(PDF:3,183KB)については、下水道法第10条により、排水を下水道に排水するための設備と、下水道法第11条の3の規定に基づき便所の水洗化への改造をしなければなりません。

汲み取り便所の場合

3年以内に水洗化便所への改造を行い下水道に接続してください。
(下水道法第11条の3)

単独浄化槽(し尿浄化槽)の場合

遅滞なく下水道に接続してください。
(下水道法第10条第1項)

合併式浄化槽の場合

遅滞なく下水道に接続してください。
(下水道法第10条第1項)

家を新築する場合

必ず下水道に接続してください。
(建築基準法第31条)

「遅滞なく」の意味は、一般に、即時性は強く要求されるが、正当で、合理的な、理由に基づく遅滞は許される(しなくてもいいのではない)と解釈されており、すなわち事情の許す限り最も速やかにという意味です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

下水道課 

奈良県生駒郡三郷町立野南3丁目11番13号

電話番号:0745-73-0999

ファックス:0745-73-0998

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。