ホーム > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 被保険者証について

ここから本文です。

更新日:2011年9月26日

被保険者証について

後期高齢者医療制度の保険証の有効期限は、7月31日までとなっておりますので、「新しい保険証」を7月中旬から簡易書留でお届けしております。
お手元に届きましたら記載内容をご確認いただき、大切に保管してください。

なお、有効期限が過ぎた「古い保険証」はハサミで切るなどして処分してください。

新しい保険証

これが新しい保険証です。
右上の有効期限が「平成24年7月31日」となっています。

病院などでの負担割合は?

後期高齢者医療保険に加入されている方が、病院などへ行った場合に支払うお金(自己負担額)は、世帯構成や収入(所得)の状況によって異なります。判定基準などの詳しい内容は、次の表のとおりです。

所定区分の判断基準

※一年間全く所得がなかった方や、所得が少なく所得税や町民税・県民税がかからない方でも、後期高齢者医療保険料の計算のため、税務署または、税務課への申告が必要になります。
なお、確定申告をされている方や公的老齢年金を受給されている方は、この申告の必要はありません。
また、申告しなかった場合には、下記の軽減措置を受けることができません。

  • 後期高齢者医療保険料の軽減措置
  • 低所得者の負担区分による高額療養費の軽減

お問合せ

保険課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7325

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。