ホーム > 健康・福祉・子育て > 妊娠・出産 > 一般不妊治療費助成事業

ここから本文です。

更新日:2015年9月28日

一般不妊治療費助成事業

一般不妊治療費助成について

不妊治療には大きく分けて、一般不妊治療と特定不妊治療があります。奈良県では、特定不妊治療を受けられた方を対象に、治療費の一部を助成する事業を行っています。

さらに三郷町では平成27年度より、治療にかかる経済的負担の軽減をはかり、子育てしやすい町づくりを実現していくために、一般不妊治療費の一部助成を行います。

支給内容

対象とする治療の範囲で、一般不妊治療にかかった自己負担額のうち1年度あたり5万円が限度で、一般不妊治療を受けた日の属する年度から5年間助成します。

対象者

下記の条件すべてに該当する方

  • 戸籍法(昭和22年法律第224号)による婚姻の届出をしている方
  • 夫婦の両方又はいずれか一方が町の住民基本台帳に1年以上記録されている方
  • 産科、婦人科、産婦人科、泌尿器科を標榜する医療機関において不妊症と診断され、治療を受けている方
  • 医療保険各法による被保険者もしくは組合員及びその被扶養者である方
  • 夫婦の前年の所得金額(1月から5月までの間に申請する場合は、前々年の所得とする。)の合計が730万円未満である方
  • 夫婦のいずれもが町税を滞納していない方

申請方法

申請書類等の必要な書類をお持ちになり保健センター窓口までお越しください。

申請書類等、申請時に必要なもの

  1. 三郷町一般不妊治療費助成金交付申請書兼請求書第一号様式(PDF:111KB)
  2. 三郷町一般不妊治療費助成金交付に関する同意書第二号様式(PDF:84KB)
  3. 三郷町一般不妊治療費助成事業受診等証明書第三号様式(PDF:81KB)
  4. 一般不妊治療に係る領収書
  5. 夫婦の被保険者証等の写し
  6. 印鑑
  7. 医師の指示書など(医師の判断に基づき治療を中止した場合などは必要)
  8. 世帯全員の続柄が記載された住民票(発行日から3箇月以内のもの)
  9. 夫婦の所得証明書又は非課税証明書(1月から5月までの間に申請する場合は、前々年の所得証明書又は非課税証明書とする。)
  10. 夫婦のいずれもが町税を滞納していないことを証明する書類

交付に関する同意書(第二号様式)がある場合、8~10の書類は省略可能です。ただし、三郷町に転入されて日が浅い場合など、町で確認が出来ない場合には省略できないこともあります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

健康課保健センター

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目2番1号

電話番号:0745-43-7324

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。