ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 高齢者の予防接種

ここから本文です。

更新日:2019年9月1日

高齢者の予防接種

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種

肺炎は日本人の死亡原因の第3位となっており、特に75歳以上の方の肺炎の死亡率は男女ともに急増します。

日常生活で起こる肺炎の原因菌は、肺炎球菌が一番多いとされており、その肺炎球菌には90種類以上の型があります。この予防接種はそのうち23種の型に効果があります。

予防接種費用・公費半額補助の対象者

高齢者肺炎球菌ワクチン補助を今まで受けたことがない方で

  1. 65歳以上の方
  2. 60歳から65歳未満の方で、心臓や腎臓、呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活を極度に制限される方
  3. 60歳から65歳未満の方で、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方

国が定めた定期接種対象の方は、平成31年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳以上の方です。

これらの年齢以外の65歳以上の方も三郷町では、任意接種として助成を実施します。

定期接種

予防接種法に基づく予防接種。接種後、重大な健康被害が生じた場合、予防接種法に基づく補償を受けることができます。

平成31年度(令和元年度)定期接種の対象者

接種期間:平成31年4月1日から令和2年3月31日まで

今年度の年齢

生年月日

65歳

昭和29年4月2日~昭和30年4月1日

70歳

昭和24年4月2日~昭和25年4月1日

75歳

昭和19年4月2日~昭和20年4月1日

80歳

昭和14年4月2日~昭和15年4月1日

85歳

昭和9年4月2日~昭和10年4月1日

90歳

昭和4年4月2日~昭和5年4月1日

95歳

大正13年4月2日~大正14年4月1日

100歳

大正8年4月2日~大正9年4月1日

100歳以上の方 大正8年4月1日以前の生まれの方

任意接種

予防接種法に基づかない予防接種。接種後、重大な健康被害が生じた場合は、予防接種法以外の法律で保障されます。しかし、その救済の額は、予防接種法に比べ概ね半分程度になります。

接種費用

4,000円(町外医療機関で接種をされる方については、接種費用が異なる場合があります。)

  • 生活保護の方は無料です

接種方法

町内医療機関(奈良県西和医療センターは除く)に直接予約をして接種してください。医療機関窓口で4000円をお支払いください。

町外医療機関で接種される場合は必ず長寿健康課にご連絡ください。

高齢者インフルエンザ予防接種

10月1日から令和元年度の定期接種が始まります。風邪とまちがえられやすいインフルエンザですが、高齢の方がかかると、肺炎を伴い、重症になる恐れがあります。
予防接種を受けて、インフルエンザに対する抵抗力がつくまでには2週間程度かかり、効果が十分に持続する期間は約5か月間とされています。

インフルエンザが流行する前の12月上旬までに接種を受けておくことが必要です。

対象者

1.接種時65歳以上の方(65歳の誕生日を過ぎてからの助成となります。)

2.60歳以上65歳未満の方であって、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方

接種費用

1000円(生活保護世帯は無料)

助成期間

令和元年10月1日~令和2年1月31日

接種方法

医療機関に直接予約をして接種してください。

 広域7町内(三郷町・平群町・安堵町・王寺町・斑鳩町・上牧町・河合町)の医療機関は、接種時に医療機関窓口で1000円をお支払いください。

 広域7町以外の医療機関をご希望の方は、事前に長寿健康課にお越しください。その際、1000円を徴収し、書類等の手続きをいたします。

お問合せ

長寿健康課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目2番1号

電話番号:0745-43-7426

ファックス:0745-73-4104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。