ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 所得税・地方税の障がい者控除対象者の認定について

ここから本文です。

更新日:2011年9月30日

所得税・地方税の障がい者控除対象者の認定について

高齢者については、所得税法施行令、地方税法施行令の規定により、身体障害者手帳の交付を受けている方などのほか、身体障害者に準ずる方として、市町村長の認定を受けている方が、障害者控除または特別障害者控除の対象になります。

控除を受けるためには、認知症、寝たきりなど、重度の要介護・要支援認定をお持ちの方で、控除対象者の認定を受けようとする方は、「障害者控除対象者認定申請書」を健康課へ提出してください。審査後、「障害者控除対象者認定書」を交付します。交付された方は、税金の申告時に提示することにより、障がい者控除または特別障がい者控除を受けることができます。

お問合せ

長寿健康課

電話番号:0745-43-7323

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。