ホーム > 施設案内 > 観光スポット > 信貴山朝護孫子寺

ここから本文です。

更新日:2011年9月30日

信貴山朝護孫子寺

信貴山は、聖徳太子によって開かれた日本最初の毘沙門天王御出現霊場です。
太子は、当山で毘沙門天王を御感得され、その御加護により仏敵守屋を討伐し、自ら毘沙門天の御尊像を彫刻され、信ずべき、貴ぶべき山「信貴山」と名付けられ、寺院を建立しておまつりになりました。
延喜2年、醍醐天皇が病気にかかられたとき、当山の毘沙門天王の御加護により、たちまち全快されたので、天皇はたいへん喜ばれて朝護孫子寺の勅号をたまわり、信貴山朝護孫子寺と名付けられました。

施設情報

住所

〒636-0923 奈良県生駒郡平群町大字信貴山2280-1

電話番号

0745-44-9855

ホームページ

信貴山朝護孫子寺ホームページ(外部サイトへリンク)

お問合せ

ものづくり振興課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7343

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。