ホーム > 観光・歴史 > 町制施行50周年

ここから本文です。

更新日:2016年9月30日

町制施行50周年

 

 

協賛事業を募集します

 三郷町は、平成28年4月1日に町制施行50周年を迎えます。三郷町制施行50周年記念事業実行委員会では、この記念すべき節目の年を迎えるにあたり、町民が主体となってこれを祝い、町民としての誇りや一体感の醸成を図ることなどを目的に、町内に活動の拠点を置く町民、団体、事業者が主催する事業で、多くの町民が参加でき、地域の活性化につながる事業を「三郷町制施行50周年記念協賛事業」として募集いたします。

 協賛事業に承認された事業は、「三郷町制施行50周年記念」の冠称や「三郷町制施行50周年記念ロゴマーク及びキャッチフレーズ」の使用、町による事業内容の周知や、のぼり旗の貸与などを支援します。なお、補助金・助成金などの支援はありません。

 つきましては、本趣旨に賛同した事業を予定される場合は、次の事項にご留意の上、ご応募ください。

 

申請期間

本年2月1日~平成29年1月31日

 

対象事業

 平成28年4月1日から平成29年2月28日までの期間内に、町内に活動の拠点を置く町民、団体、事業者が主催する事業で、三郷町制施行50周年を広くPRできる事業。

 ただし、次のいずれかに該当する場合は対象事業から除外します。

(1)特定の個人を対象とするもの

(2)公序良俗に反するもの

(3)特定の政治、宗教、思想等の活動を目的とするもの

(4)町の名誉を傷つけ、または信用を失墜するもの

(5)その他実行委員会が不適切と認めたもの

 

支援内容

 協賛事業として承認された事業については次のような支援を受けることができます。

(1)「三郷町制施行50周年記念」の名義使用

(2)「三郷町制施行50周年記念ロゴマーク及びキャッチフレーズ」の使用

(3)町の広報紙及びホームページ等による事業のPR

(4)三郷町制施行50周年記念のぼり旗の貸与

※数に限りがあるため、希望に添えない場合があります。

※補助金・助成金等の経済的支援は行いません。

 

申請方法

 「三郷町制施行50周年記念協賛事業承認申請書」(様式第1号)に必要な書類等を添えて、役場2階企画財政課まで持参にて提出してください。

※広報「さんごう」への掲載を希望する場合は実施の3ヶ月前までに申請してください。

※ただし、紙面の都合により掲載できない場合があります。

 

承認及び承認の取消し

 事業の内容を審査し、「三郷町制施行50周年記念協賛事業承認(不承認)通知書」(様式第2号)により、申請者に結果を通知いたします。また、承認した事業が対象事業の条件に反することや、申請の内容に虚偽があることが判明した場合は、承認を取り消すことがあります。

 なお、承認後に申請事業を変更・中止する場合は、速やかにご連絡ください。

 

実績報告

 協賛事業が完了したときは、事業完了後30日以内に「三郷町制施行50周年記念協賛事業実施報告書」(様式第3号)に必要な書類を添えて報告してください。

 

申請書

三郷町制施行50周年記念協賛事業申請書(ワード:39KB)

三郷町制施行50周年記念協賛事業実施報告書(ワード:36KB)

お問合せ

企画財政課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7312

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。