ホーム > 行政情報 > 町の概要 > 町長室 > これから取り組む「5つの柱」

ここから本文です。

更新日:2018年6月14日

これから取り組む「5つの柱」

これまで多くのみなさんのご支援を頂き、町政を担当させていただく事になってから、はや8年が経過致しました。

そのような中、先日の町長選挙におきまして、町民の皆様からの温かい励ましとご支援をいただき、再び「町政のかじ取り」という重責を担うこととなり、改めて身の引き締まる思いでいっぱいです。

8年前に私が初めて町長に就任させていただき、今日まで、いろいろな課題に取り組んでまいりました。就任当初にお約束をしたことが概ねできたと自負しているところでありますが、これもひとえに議会をはじめ、町民の皆様のご理解とご支援があればこそと、改めて感謝申し上げる次第であります。

しかしながら、三郷町のまちづくりは、これで完了したわけではありません。町民の皆様が暮らしやすい町に、そして町外からも「三郷町ってエエ町やなぁ」と言っていただけるためには、まだまだやるべき仕事がたくさん残っています。

3期目を迎えまして、改めて皆様から寄せられた期待に応えるよう初心を忘れることなく、より一層町民の皆様が輝き、安全に暮らせる「輝きと安らぎのあるまちづくり」を進めるにあたり、今後の4年間で私が取り組んでいきたい事業等を町民の皆様にお示し、その実現に向けて、精一杯、頑張って参りたいと考えております。

私が新たに提言する「5つの柱」

1.安心・安全なまちづくりのためにー

昨年10月に発生しました台風21号により、法面崩壊をはじめとし、三郷町は甚大な被害を受けました。
この災害を教訓とするため、地域防災計画を抜本的に見直し、また国・県とも連携を密にし、台風などの雨水による浸水被害を最小限に留めるための雨水対策や避難体制を確立することで、住民の皆さまが安心して生活できる、安全なまちづくりをして参ります。
また集中豪雨等の問題に起因する環境対策を積極的に推進することで、「環境都市宣言」を行い、「未来に残る素晴らしい環境づくり」を目指します。

2.子育てのしやすいまちづくりのためにー

住民の皆さまからのニーズの高い子育てしやすいまちづくりの実現に向け、平成30年4月1日から「こども未来創造部」を創設し、子育てワンストップ体制を確立しました。

また保育所の第2子目以降の無償化等を実施し、子育てのしやすいまちづくりや、働きやすい環境を整えます。

3.健康長寿のまちづくりのためにー

健康のための施策の更なる充実はもとより、介護・認知症を予防し、健康長寿日本一を目指します。調印式
加齢に伴い筋力や認知度、社会性が衰えた状態で要介護・支援と健康な状態の間にある方を「フレイル」といいます。
そのフレイルの状態の度合いを測定することを「フレイル健診」といい、この健診を大阪大学とともに実施していくための共同研究契約を平成30年5月14日に締結しました。

フレイル健診にてフレイルの度合いが高いと診断された方には、健康な状態に戻っていただくよう、アドバイス等をさせていただく予定です。
社会福祉協議会とも連携しながら地域に出向いて健診を実施し、三郷町の健康寿命を更に伸ばしていくために、介護・認知症等の予防に力を入れていきます。

4.未来ある子どもたちのためにー

現在、建て替え中の三郷中学校が、平成30年度末に竣工をむかえ、平成31年4月から、子どもたちの新たな学び舎として開校となります。
この新校舎では、子どもたちの可能性を更に広げ、教育の変化に対応するため、タブレットや電子黒板などのICT機器と学校ネットワーク(無線LAN)を導入します。
ICTを活用することで、子どもたちの心身の発達に応じて、環境の変化で感じるストレスの緩和を図り、将来のステップアップの手助けと三郷小学校・三郷北小学校・三郷中学校での「ICTを活用した小中一貫教育」の実施を目指します。

5.三郷町の活性化のためにー

童謡ロゴ成30年4月1日に三郷町は「童謡のまち」宣言を行いました。童謡には心に安らぎを抱かせるような効果があり、私のスローガンでもある「輝きと安らぎのあるまちづくり」にも通じるところがございます。今後も童謡を通して、町民の皆さまが心を豊かにできるよう取り組みます。

そして、三郷町は日本遺産登録を目指します。「龍田古道」を中心に亀の瀬・水運・鉄道を古代から近代に至る人々の交通の足跡をテーマに掲げ、観光振興につなげたいと考えています。

また農業の活性化を図るため、「農業振興による雇用創出事業」を推進し、元気な農業づくりに力を入れます。

さらに地方創生・三郷町総合戦略として、町の活性化のために信貴山地域の観光振興や信貴山のどか村の温泉施設及び温泉水活用による新産業の推進を行います。町の地場産業の振興を図り、スーパー等商業施設の誘致を推進します。

三郷町の新たな時代の幕開けに向けてー

これら「5つの柱」以外にも取り組むべき施策はいろいろとありますが、三郷町に「住んでよし」「働いてよし」「訪れて良し」そして「学んで良し」と言っていただけるよう町民の皆さまと一丸となって、新たな時代を発信し続けるまちとして、全庁横断的に、連携を図りながら町行政に取り組んで参ります。

皆さまの一層のご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

お問合せ

企画財政課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7312

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。