ホーム > 観光・歴史 > 文化財 > 近畿日本鉄道旧東信貴鋼索線車両

ここから本文です。

更新日:2021年5月25日

近畿日本鉄道旧東信貴鋼索線車両(町指定文化財)

 

東信貴鋼索線は、現近鉄生駒線信貴山下駅から、信貴山朝護孫子寺付近にあった旧信貴山駅までを結んでいた鋼索線(ケーブルカー)であり、日本に3番目に完成した鋼索線とされている。3つの構成で文化財登録され、コ9形9車両が1両、コ9形10車両の車輪が1組、巻上機用コントローラーが1台となっている。今現在は、近鉄生駒線信貴山下駅前に車両を一両設置しており、車輪と巻上機用コントローラーは同駅構内に設置している。またかつての軌道を道路や、一部遊歩道に作り替えており保存及び活用を継続して行っている状況である。

 

東信貴鋼索線車両

お問合せ

ものづくり振興課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7343

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。