ホーム > 観光・歴史 > 文化財 > 南畑検地帳(延宝検地帳)

ここから本文です。

更新日:2013年12月17日

南畑検地帳 延宝検地帳(町指定文化財)

   延宝検地帳

 和本で表紙に「延宝七己未年 大和国平群郡南畑村検地帳 八月八日 本多平八郎内 吉岡新左衛門」とあり、本多平八郎(忠国)の家来 吉岡新左衛門が検地奉行であったことが分かる。延宝検地は古検(文禄検地)に対して、「新検」といわれており、近畿地方の天領において延宝5年(1677)から延宝6年にかけて実施されたもので、検地帳は主として延宝7年に成立している。この延宝検地が、その後明治3年(1870)まで課税の基礎原簿として用いられる。

お問合せ

ものづくり振興課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7343

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。