ホーム > 観光・歴史 > 文化財 > 立野城 宝篋印塔

ここから本文です。

更新日:2013年12月17日

立野城 宝篋印塔(町指定文化財)

   立野城 宝篋印塔

 高さ1mの花崗岩製の完形品で、基礎正面に「天文五年(1536)丙申八月日 如見禅尼逆修」の陰刻銘があり、昭和55年の立野城跡発掘調査の際に空濠の中より発見される。小型であるが、形姿よく整い繊細な彫刻技法で製作された優品で、室町時代後期の特徴を示している。織田信長と松永久秀の信貴山城攻防の中で埋没したもので、歴史資料としても貴重である。現在は発掘地にゆかりのある観音寺境内に安置されている。

お問合せ

ものづくり振興課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7343

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。