ホーム > 観光・歴史 > 文化財 > 三室山古墳 二号墳・三号墳

ここから本文です。

更新日:2013年12月17日

三室山古墳 二号墳・三号墳(町指定文化財)

   三室山古墳2号墳南石室

 三室山の北東裾付近、関屋川の川岸の段丘上に築造された古墳で、同じ規格の長方形の方墳を南北に並べ、それぞれ2つの横穴式石室を持つ、双墓・双室墳である。両墳の墓域は南北60m、東西43m以上の規模で、南側が2号墳、北側が3号墳となっている。築造時期は7世紀前半と考えられており、飛鳥・奈良時代の墳墓研究の上で貴重な史跡である。

お問合せ

ものづくり振興課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7343

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。