ホーム > 観光・歴史 > 文化財 > 持聖院 線刻薬師如来笠石仏

ここから本文です。

更新日:2013年12月17日

持聖院 線刻薬師如来笠石仏(町指定文化財)

   線刻薬師如来笠石仏

 通称、一針薬師とも呼ばれている国内有数の大きさの笠石仏。高さ288cm、幅200cmの花崗岩に幅200cm、奥行き103cmの笠石を載せている。中尊に薬師如来立像、脇侍に日光・月光菩薩、その周囲に十二神将を配している。全体の構図、形姿の整い方や線刻の細やかさ、力強さに鎌倉時代前期の特徴が見られる。三郷町勢野東6丁目にあった惣持寺と関連のある資料で、中興の祖である解脱上人 貞慶との繋がりから、下図は快慶作との説もある。平成25年7月に上の山から保全のため持聖院境内に移動されている。

お問合せ

ものづくり振興課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7343

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。