○三郷町職員共済会福利厚生事業要綱

昭和59年12月27日

訓令甲第3号

(目的)

第1条 この要綱は、三郷町職員共済会規則(昭和50年12月三郷町規則第19号)第5条第5号の規定に基づき、福利厚生事業の実施に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(平18訓令甲13・一部改正)

(運営)

第2条 三郷町職員共済会は、本事業を運営するため次の業務を行う。

(1) 会員の退職に伴う退職記念品等の贈呈

(2) 会員の選奨式等における被表彰その他特別受賞に伴う記念品の贈呈

(3) 会員の永年勤続に対する記念品の贈呈

(4) 会員の慶弔に関すること。

(5) その他必要なる事項

(平5訓令甲3・平16訓令甲2・一部改正)

(退職者への記念品等の贈呈)

第3条 会員が退職したときは、次に定めるところにより退職記念品等を贈呈する。

(1) 勤続年数20年以上の者 商品券(5万円分)

(2) 勤続年数10年以上20年未満の者 商品券(3万円分)

(3) 勤続年数3年以上10年未満の者 商品券(1万円分)

(4) 依願で退職した者で勤続年数3年未満の者については、贈呈の対象外とする。

(平5訓令甲3・全改、平16訓令甲2・平18訓令甲13・平25訓令甲5・一部改正)

(被表彰者への記念品の贈呈)

第4条 会員が生駒郡町村会の特別表彰(勤続20年)を受けた場合には、その受賞を記念して、商品券(10,000円分)を贈呈する。

(平5訓令甲3・全改、平16訓令甲2・平18訓令甲13・平20訓令甲1・平25訓令甲5・一部改正)

(永年勤続者への記念品の贈呈)

第4条の2 会員が職務に専念する義務の特例に関する規則(平成18年6月三郷町規則第18号)第2条第4号に規定するリフレッシュ休暇を取得し、旅行するときは、永年勤続者として、その功労をたたえ記念旅行券(5万円分)を贈呈する。

2 前項の記念旅行券の贈呈を受けようとする会員は、記念旅行券使用届(別記様式)により届け出るものとする。

(平18訓令甲13・全改)

(慶弔に関すること)

第5条 会員及びその家族に対する慶弔の範囲は、次のとおりとする。

(1) 結婚祝(会員) 30,000円(1回限り)

(2) 出産祝(会員及びその配偶者のいずれかの該当者)

 1子目 30,000円

 2子目以降 20,000円

(3) 死亡香料等

 本人及び配偶者 50,000円、樒1対及び供物(10,000円相当)

 同居1親等 10,000円、樒1対及び供物(10,000円相当)

 別居1親等 10,000円及び供物(10,000円相当)

 同居2親等 5,000円

(平16訓令甲2・全改、平18訓令甲13・平25訓令甲5・一部改正)

(慶弔に関する返礼の廃止)

第6条 前条に定める慶弔に係る会員の返礼は、一切廃止するものとする。

(平5訓令甲3・全改)

(その他)

第7条 この要綱に定めがあるものを除くほか、その施行に関し必要な事項は、会長が役員会に諮り定める。

(平25訓令甲5・一部改正)

付 則

この要綱は、昭和60年4月1日から施行する。

付 則(平成5年3月5日訓令甲第3号)

この要綱は、平成5年4月1日から施行する。

付 則(平成16年2月2日訓令甲第2号)

この訓令は、平成16年2月2日から施行し、平成15年5月28日から適用する。

付 則(平成18年9月1日訓令甲第13号)

この訓令は、平成18年9月1日から施行し、平成18年4月1日から適用する。

付 則(平成20年2月18日訓令甲第1号)

この訓令は、平成20年2月18日から施行する。

付 則(平成25年11月1日訓令甲第5号)

この訓令は、平成25年11月1日から施行する。

(平18訓令甲13・追加)

画像

三郷町職員共済会福利厚生事業要綱

昭和59年12月27日 訓令甲第3号

(平成25年11月1日施行)