○三郷町職員被服貸与規程

昭和44年7月30日

訓令甲第2号

(目的)

第1条 この規程は、三郷町職員で常時勤務する者(水道事業を除く。以下「職員」という。)の事務の能率と労務の安全を図るため、被服の貸与に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(平14訓令甲9・平16訓令甲7・一部改正)

(被服の種類等)

第2条 貸与する被服の被貸与者、種類、員数及び貸与期間は、別表のとおりとする。

2 貸与期間は、月をもつて計算し貸与の月から起算する。

(被服の貸与及び台帳)

第3条 課長は、被服を貸与しようとするときは、貸与しようとする職員から被服貸与申請書(第1号様式)を提出させたうえ行うものとする。

2 課長は、被服貸与台帳(第2号様式)を備え所要事項を整理しておかなければならない。

(平16訓令甲7・一部改正)

(着用等の義務)

第4条 被貸与者は、執務中貸与を受けた被服を着用し、常に適切な注意をもつて使用し、又は保管しなければならない。

(再貸与の申請及び損害賠償)

第5条 被貸与者は、貸与を受けた被服を滅失したとき、又はその被服がき損により使用にたえなくなつたときは、被服再貸与申請書(第3号様式)を課長に提出しなければならない。

2 被貸与者は、故意又は重大な過失により又はき損したときは、その損害を賠償しなければならない。

3 前項の賠償額は、そのものの購入価格を貸与期間で除して残存期間を乗じて得た額を基準として町長が定める。

(返納)

第6条 被貸与者は、貸与を受ける資格を喪失したとき、又は休職したときは、すみやかに被服返納書(第4号様式)に当該被服を添えて課長に返納しなければならない。

(その他)

第7条 この規程の施行について必要な事項は、町長が定める。

付 則

1 この規程は、公布の日から施行する。

2 この規程の施行前においてすでに貸与を受けている者の貸与品については、すべてこの規程により貸与を受けているものとみなす。

付 則(平成14年6月25日訓令甲第9号)

この訓令は、平成14年7月1日から施行する。

付 則(平成16年3月22日訓令甲第7号)

この訓令は、平成16年4月1日から施行する。

画像

(平16訓令甲7・一部改正)

画像

画像

画像

画像

三郷町職員被服貸与規程

昭和44年7月30日 訓令甲第2号

(平成16年4月1日施行)