○三郷町在宅重度身体障害者短期入所事業実施要綱

平成4年4月1日

告示第15号

(目的)

第1条 重度身体障害者の介護を行う者の疾病その他の理由により、当該重度身体障害者が居宅において介護を受けることができず一時的な保護を必要とする場合に、当該重度身体障害者を一時的に身体障害者更生援護施設に保護し、もつて、これら居宅の重度身体障害者及びその家族の福祉の向上を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、三郷町(以下「町」という。)とする。

(対象者)

第3条 この事業の利用対象者は、三郷町内に住所を有する18歳以上の者で身体障害者手帳を所持している在宅の重度身体障害者とする。

(実施施設等)

第4条 この事業の実施施設は、あらかじめ町長が指定した身体障害者更生援護施設(以下「指定施設」という。)とする。

2 町長は、この事業を実施するため指定施設の経営主体と委託契約を締結し指定施設の空ベット等を利用して実施する。

(保護の要件)

第5条 重度身体障害者の介護者が、次に掲げる事由により、その居宅において重度身体障害者を介護できないため、指定施設に一時的に保護する必要があると町長が認めた場合とする。

ア 社会的事由

疾病・出産・冠婚葬祭・事故・災害・失踪・出張・転勤・看護・学校等の公的行事への参加

イ 私的事由

(保護の期間)

第6条 保護の期間は、原則として7日以内とする。ただし、町長がやむを得ない事由があると認めたときには、必要最小限の範囲で延長することができるものとする。

(短期入所の申込み)

第7条 短期入所を希望する者(以下「申込者」という。)は、在宅重度身体障害者短期入所申込書(第1号様式)、心身状況調査票(第2号様式)、証明書(第3号様式)及び誓約書(第4号様式)を町長に提出するものとする。

(短期入所の決定及び通知)

第8条 短期入所の申込みを受けた町長は、その内容について審査し、適当と認めるときは指定施設の長(以下「施設長」という。)に受け入れの可否を確認の上、短期入所の予約をし、申込者に在宅重度身体障害者短期入所事業決定通知書(第5号様式)により通知するものとする。

(入所)

第9条 町長から短期入所の決定通知書を受けた申込者は指定された日に指定施設へ対象者を入所させるものとする。

(退所)

第10条 申込者は短期入所の期限が到来したときは指定された日に必ず指定施設から対象者を退所させるものとする。

(費用の負担)

第11条 町長は、指定施設での短期入所に要する経費を支弁するものとする。

2 利用者は短期入所に要する経費のうち、飲食物相当額を負担するものとする。ただし、生活保護世帯に属する者が、第5条のアの事由により利用する場合は、これを減免することができるものとする。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、当事業の実施に関し必要な事項は、町長及び施設長が協議の上、定めるものとする。

付 則

この要綱は平成4年4月1日から施行する。

様式 略

三郷町在宅重度身体障害者短期入所事業実施要綱

平成4年4月1日 告示第15号

(平成4年4月1日施行)