○三郷町ふれあい交流センター等運営委員会規則

昭和57年5月1日

規則第5号

(設置)

第1条 三郷町ふれあい交流センター及び三郷町児童館(以下「ふれあい交流センター等」という。)の運営を円滑に遂行するため三郷町ふれあい交流センター等運営委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(平14規則15・一部改正)

(組織)

第2条 委員会は、委員40名以内で組織する。

2 委員は、次の各号に掲げる者のうちから町長が委嘱する。

(1) 町議会議員代表(地区選出)

(2) 地区自治会代表

(3) 町社会福祉協議会代表

(4) 部落解放同盟奈良県連合会下之庄支部代表

(5) 各種団体代表

(6) 保育園、学校関係者

(7) 町関係職員

(昭60規則11・一部改正)

(任期)

第3条 委員の任期は、2年とする。ただし、再任することを妨げない。

2 委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 前条第2項第5号に該当する委員は、その属する団体を退いたときは委員もしりぞいたものとみなす。

(役員)

第4条 委員会に次の役員を置く。

(1) 会長 1名

(2) 副会長 3名

(3) 理事 若干名

2 会長、副会長及び理事は、委員のうちから互選する。

(昭59規則5・一部改正)

(役員の職務)

第5条 会長は、会務を総理し、委員会を代表する。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

3 理事は、理事会を構成し、委員会の目的達成に必要な方策の調査、研究及び企画にあたるとともに、この規則に定める事項を協議する。

(役員の任期)

第6条 役員の任期は、2年とする。ただし、新たに役員が選任されるまでの間、その職務を行うことができる。

2 補欠により就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(昭59規則5・一部改正)

(顧問)

第7条 委員会に顧問を置くことができる。

2 顧問は、会長が委嘱する。

3 顧問は、委員会の運営について会長の諮問に応ずる。

(会議)

第8条 委員会の会議は、総会及び理事会とする。

2 総会は、毎年1回開催する。ただし、理事会においてその必要を認めたときは、臨時に総会を開催することができる。

3 理事会は、必要に応じて随時開催する。

4 会議は、すべて会長が招集する。

(総会の議決事項)

第9条 総会は、ふれあい交流センター等の運営に係る事業計画及び事業報告並びに理事会から付議された事項を議決する。

(平14規則15・一部改正)

(理事会の協議事項)

第10条 理事会は、総会に付議すべき事項及び会長において必要と認めた重要な事項を協議する。

(会議の運営)

第11条 会議は、その構成委員の2分の1以上の出席がなければ開くことができない。

2 会議の議長は、会長があたる。

(議事の表決)

第12条 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

2 会議の出席は、委任状をもつてこれに代えることができる。

(事務局)

第13条 委員会の事務局は、ふれあい交流センター内に置く。

(平14規則15・一部改正)

(委任)

第14条 この規則に定めるもののほか、委員会の会務の執行について必要な事項は、会長が定める。

付 則

1 この規則は、昭和57年5月1日から施行する。

2 三郷町下之庄解放会館運営協議会規則(昭和53年12月三郷町規則第14号。以下「協議会規則」という。)は、廃止する。

3 協議会規則に基づいて委嘱されていた委員は、この規則の施行の日の前日をもつて任期が満了したものとみなす。

付 則(昭和59年2月29日規則第5号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(昭和60年6月29日規則第11号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成14年3月19日規則第15号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

三郷町ふれあい交流センター等運営委員会規則

昭和57年5月1日 規則第5号

(平成14年4月1日施行)