○三郷町営墓園の設置等に関する条例

昭和52年7月1日

条例第16号

(目的)

第1条 この条例は、町営墓園の設置及び管理について必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号の定めるところによる。

(1) 墓地とは、墳墓及び碑石等を設けるため町長が指定した場所をいう。

(2) 墳墓とは、焼骨を埋蔵する施設をいう。

(3) 碑石とは、後世に伝えるべき事がらを彫刻して建設するものをいう。

(4) 一聖地とは、縦0.9メートル、横0.9メートルの大きさの墓地をいう。

(名称及び所在地)

第3条 町営墓園の名称及び所在地は、次のとおりとする。

名称

所在地

竜の子墓園

三郷町立野南2丁目及び大阪府柏原市雁多尾畑地内

(平8条例16・一部改正)

(使用目的)

第4条 墓地は、墳墓を設け碑石を建設する目的以外に使用することはできない。

2 前項の規定にかかわらず町長が特別の事情があると認めるときは、形像類等の建設のために使用させることができる。

(使用許可等)

第5条 墓地を使用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

2 町長は、前項の許可をする場合において、町営墓園の管理運営上必要があると認めるときは、その許可に条件を付することができる。

3 町長は、墓地の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)に墓地使用許可証(以下「許可証」という。)を交付する。

(平17条例40・一部改正)

(使用資格)

第6条 墓地を使用しようとする者は、次の各号の一に該当する者でなければならない。

(1) 本町に住所を有する者

(2) 王寺周辺広域市町村圏域(平群町、斑鳩町、安堵町、上牧町、王寺町、河合町)住民で使用について圏域各町の長の要請があった者

(3) 柏原市・三郷町広域行政区域(柏原市)住民で、使用について区域市の長の要請を受けた者

(4) 前3号に定めるもののほか、町長が特別の理由があると認める者

(昭56条例7・全改、昭63条例5・平8条例16・平17条例40・一部改正)

(使用聖地数)

第7条 墓地の使用は、1戸につき2聖地以上とする。ただし、町長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

2 前項の規定は、動物用墓地については、適用しない。

(平17条例40・一部改正)

(使用料及び管理料)

第8条 使用者は、別表第1に定める額(ただし、第14条第1項に規定する指定管理者に第16条第1項に規定する利用料金を収受させる場合においては、同条第2項の規定により当該指定管理者が定める額)の使用料を前納しなければならない。

2 使用者は、前項に定める使用料のほか、別表第2に定める額(ただし、第14条第1項に規定する指定管理者に第16条第1項に規定する利用料金を収受させる場合においては、同条第2項の規定により当該指定管理者が定める額)の管理料を納付しなければならない。

3 前項に規定する管理料のうち、年払いの場合については、毎年4月末までに当該年度分を納付するものとし、10年毎一括払い及び永代払いの場合については、町長が別に定める。

(平17条例40・全改)

(使用料及び管理料の不還付)

第9条 既納の使用料及び管理料は、還付しない。ただし、町長が特別の理由があると認めるときは、使用料又は管理料の全部又は一部を還付することができる。

(平17条例40・全改)

(使用許可の取消し等)

第10条 町長は、使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、使用許可を取り消すことができる。

(1) 許可を受けた目的以外に墓地を使用したとき。

(2) 使用権を譲渡し、又は墓地を転貸したとき。

(3) 3年間管理料を滞納したとき。

(4) 法令又はこの条例若しくはこれに基づく規則に違反し、又は町長の指示に従わないとき。

2 使用者は、前項の規定により使用許可を取り消されたときは、直ちに使用墓地を自己の費用をもって原状に復し、町長に返還しなければならない。

(平17条例40・全改)

(既設墓地の移転統合)

第11条 町営墓園の設置にともない当該墓園内に移転統合にかかる町内既設墓地を移転した者については、この条例による許可を受けたものとみなす。

(平17条例40・一部改正)

(使用権の承継)

第12条 使用者の相続人又は親族若しくは縁故者等で祭しを主宰する者は、町長の承認を得て墓地の使用権を承継することができる。

(平17条例40・全改)

(手数料)

第13条 許可証の再交付を受けようとする者及び前条の町長の承認に基づき許可証の書換えを受けようとする者は、別表第3に定める額(ただし、第14条第1項に規定する指定管理者に第16条第1項に規定する利用料金を収受させる場合においては、同条第2項の規定により当該指定管理者が定める額)の手数料を納付しなければならない。

(平17条例40・全改)

(指定管理者による管理)

第14条 町長は、町営墓園の管理運営上必要があると認めるときは、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に町営墓園の管理を行わせることができる。

2 前項の場合における第4条から第10条まで、第12条及び第13条の規定の適用については、これらの規定中「町長」とあるのは、「指定管理者」とする。

(平17条例40・追加)

(指定管理者が行う業務の範囲)

第15条 前条第1項の規定により指定管理者に町営墓園の管理を行わせる場合に当該指定管理者が行う業務の範囲は、次のとおりとする。

(1) 町営墓園の維持管理に関する業務

(2) 町営墓園の使用許可等に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、町営墓園の管理に関し町長が必要と認める業務

(平17条例40・追加)

(利用料金)

第16条 第14条第1項の規定により指定管理者に町営墓園の管理を行わせる場合において、町長が適当と認めるときは、地方自治法第244条の2第8項の規定により、指定管理者に町営墓園の使用料、管理料及び手数料(以下「利用料金」という。)を当該指定管理者の収入として収受させることができる。

2 利用料金は、別表に定める範囲内において、指定管理者があらかじめ町長の承認を受けて定めるものとする。

3 第8条第1項及び第2項並びに第13条の規定にかかわらず、使用者は、利用料金を指定管理者に支払わなければならない。

(平17条例40・追加)

(委任)

第17条 この条例に定めるもののほか、町営墓園の管理に関し必要な事項は、規則で定める。

(昭56条例7・旧第13条繰下、平17条例40・旧第14条繰下)

付 則

この条例は、昭和52年7月1日から施行する。

付 則(昭和56年9月25日条例第7号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和56年10月1日から適用する。

付 則(昭和63年3月24日条例第5号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(平成8年9月26日条例第16号)

この条例は、公布の日から施行し、平成8年10月1日から適用する。

付 則(平成17年12月26日条例第40号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成26年3月25日条例第8号)

この条例は、平成26年4月1日から施行し、同日以後に発行する納入通知書に係る管理料から適用する。

別表第1(第8条関係)

(平17条例40・追加)

地区名

使用料(1聖地当たり)

500,000円

ツツジ

470,000円

650,000円

500,000円

動物用墓地

3,000円

備考 動物用墓地の使用料については、1匹当たりの納骨料とする。

別表第2(第8条関係)

(平17条例40・追加、平26条例8・一部改正)

区分

管理料(1聖地当たり)

年払いの場合

10年毎一括払い

永代払いの場合

移転墓地使用者

800円

6,000円

町内居住使用者

1,080円

10,800円

54,000円

その他の使用者

1,620円

16,200円

81,000円

備考 移転墓地使用者とは、第11条の規定により許可を受けたものとみなす町内既設墓地を移転した者をいう。

別表第3(第13条関係)

(平17条例40・追加)

手数料

再交付

1件につき 1,000円

書換え

1件につき 1,000円

三郷町営墓園の設置等に関する条例

昭和52年7月1日 条例第16号

(平成26年4月1日施行)