○三郷町営墓園の設置等に関する条例施行規則

昭和52年7月1日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、三郷町営墓園の設置等に関する条例(昭和52年7月三郷町条例第16号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めることを目的とする。

(使用許可の申請)

第2条 条例第5条の規定により、墓地の使用許可を受けようとする者は、墓地使用許可申請書(第1号様式)に住民票抄本を添付して、町長に提出しなければならない。

2 形像類等を建設するため墓地の使用許可を受けようとする者は、前項に定める書類のほか、次の書類を添付しなければならない。

(1) 趣意書

(2) 図書及び設計書

(平6規則2・平17規則25・一部改正)

(墓地の指定)

第3条 使用する墓地については、町長が指定するものとする。

(平6規則2・平17規則25・一部改正)

(許可証の交付等)

第4条 町長は、墓地の使用を許可したときは、当該許可を受けた者(以下「使用者」という。)に墓地使用許可証(第2号様式。以下「許可証」という。)を交付する。

(使用者の資格)

第5条 条例第6条第4号に規定する町長が特別の理由があると認める者は、次の各号の一に該当する者とする。

(1) 本町に本籍を有する者

(2) 本町にゆかりのある者

(平17規則25・一部改正)

(住所等変更届)

第6条 使用者は、住所等(住所、本籍及び氏名をいう。)を変更したときは、住所等変更届(第3号様式)に許可証及び住民票抄本又は戸籍抄本を添えて遅滞なく町長に届出なければならない。

(墓地の制限等)

第7条 町長は、町営墓園の管理上必要と認めるときは、墓地の使用に関し、制限若しくは条件を付し、又は必要な措置を行わせることができる。

2 前項に規定する墓地の使用に関する制限等は、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 墳墓、碑石の正面は、原則として通路に面し平行に設置しなければならない。

(2) 碑石については、町長が指定する規格に基づき建設しなければならない。

(3) 形像類等の高さは、地面(墓地前の通路の中央路面をいう。以下この項において同じ。)から2メートル以内とする。ただし、本町が直接設置するものについては、この限りでない。

(4) 盛土の高さは、地面から50センチメートル以内とする。

(5) 囲障設備の高さは、地面から1メートル以内とする。

(6) 上屋類、板塀等は設置してはならない。

(7) 植栽は、潅木で高さ50センチメートル以内とし、通路その他墓地の施設又は隣接地に障害をおよぼさないようにしなければならない。

(平17規則25・一部改正)

(使用料及び管理料の還付)

第8条 条例第9条ただし書の規定により既納の使用料及び管理料の還付をすることができる場合は、使用者が使用許可を受けた後に墳墓及び碑石の設置の必要性がなくなり、墓地を返還したときで、それらの還付額は、次のとおりとする。

(1) 使用料 既納の使用料の3割に相当する額

(2) 管理料(永代払い及び年払いの場合を除く。) 墓地を返還した日の属する年度の翌年度以降の管理料に相当する額

2 前項に規定する使用料及び管理料の還付を請求しようとする者は、使用料等還付請求書(第4号様式)を町長に提出しなければならない。

(平6規則2・一部改正、平17規則25・旧第9条繰上・一部改正、平29規則9・一部改正)

(許可証の再交付)

第9条 使用者は、許可証をき損し、又は滅失したときは許可証の再交付を受けなければならない。

2 前項の規定により許可証の再交付を受けようとする者は、許可証再交付申請書(第5号様式)を町長に提出しなければならない。

(平12規則7・全改、平17規則25・旧第15条繰上・一部改正)

(許可証の書換え)

第10条 条例第12条の規定により、墓地の使用権を承継しようとする者は、墓地承継使用許可申請書(第6号様式)次の各号に掲げる書類を添えて町長に提出しなければならない。

(1) 前使用者の許可証

(2) 戸籍謄本その他承継原因を証明する書類

(3) 承継人の住民票抄本

(平17規則25・追加)

(墓地の返還)

第11条 使用者は、墓地を使用する必要がなくなったときは、直ちにこれを原状に復して返還しなければならない。

2 前項の規定により墓地を返還しようとする者は、墓地返還届(第7号様式)に許可証を添えて町長に提出しなければならない。

(平6規則2・平12規則7・一部改正、平17規則25・旧第16条繰上・一部改正)

(使用墓地の改葬等)

第12条 町長は、町営墓園の管理その他事業執行上必要があると認めたときは、使用者と協議の上、墓地、墳墓、碑石等を改葬若しくは移転させ、又は返還させることができる。

(平6規則2・一部改正、平17規則25・旧第17条繰上・一部改正)

(使用権の消滅)

第13条 次の各号の一に該当するときは、墓地の使用権は消滅する。

(1) 使用者が死亡し、相続人又は親族若しくは縁故者等、祖先の祭しを主宰する者が全くいないと認められるとき。ただし、管理を自発的に申し出て許可を受けた者が祭しを行う場合は、この限りでない。

(2) 使用者が住所不明となり7年を経過したとき。

(平17規則25・旧第19条繰上・一部改正)

(墳墓等の移転及び改葬)

第14条 町長は、前条第1号の事由が発生した日から1年を経過し、又は同条第2号に該当したときは、焼骨を一定の場所に改葬し、その墳墓及び碑石を移転することができる。

(平17規則25・旧第20条繰上・一部改正)

(墓地施設等工事の届出)

第15条 使用者は、墓地に碑石等及びこれに付属する工作物を新設、改修又は模様替等をしようとするときは、施設等工事着手届(第8号様式)に設計書を添えて町長に提出し、承認を得なければならない。

2 使用者は、前項の工事が完成したときは、施設等工事完成届(第9号様式)を町長に提出し、検査を受けなければならない。

(平12規則7・一部改正、平17規則25・旧第23条繰上・一部改正)

(指定管理者に管理を行わせる場合の取扱い)

第16条 条例第14条第1項の規定により、指定管理者に町営墓園の管理を行わせる場合における第2条第1項第3条から第7条まで、第8条第2項第9条第2項第10条第11条第2項第12条第14条及び前条の規定の適用については、第2条第1項中「第1号様式」とあるのは「指定管理者が町長の承認を受けて定めるもの」と、「町長」とあるのは「指定管理者」と、第3条中「町長」とあるのは「指定管理者」と、第4条中「町長」とあるのは「指定管理者」と、「第2号様式」とあるのは「指定管理者が町長の承認を受けて定めるもの」と、第5条中「町長」とあるのは「指定管理者」と、第6条中「第3号様式」とあるのは「指定管理者が町長の承認を受けて定めるもの」と、「町長」とあるのは「指定管理者」と、第7条第1項及び第2項第2号中「町長」とあるのは「指定管理者」と、第8条第2項中「第4号様式」とあるのは「指定管理者が町長の承認を受けて定めるもの」と、「町長」とあるのは「指定管理者」と、第9条第2項中「第5号様式」とあるのは「指定管理者が町長の承認を受けて定めるもの」と、「町長」とあるのは「指定管理者」と、第10条中「第6号様式」とあるのは「指定管理者が町長の承認を受けて定めるもの」と、「町長」とあるのは「指定管理者」と、第11条第2項中「第7号様式」とあるのは「指定管理者が町長の承認を受けて定めるもの」と、「町長」とあるのは「指定管理者」と、第12条及び第14条中「町長」とあるのは「指定管理者」と、前条第1項中「第8号様式」とあるのは「指定管理者が町長の承認を受けて定めるもの」と、「町長」とあるのは「指定管理者」と、同条第2項中「第9号様式」とあるのは「指定管理者が町長の承認を受けて定めるもの」と、「町長」とあるのは「指定管理者」とする。

(平17規則25・追加)

(その他)

第17条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

(平17規則25・旧第26条繰上)

付 則

この規則は、昭和52年7月1日から施行する。

付 則(昭和55年3月27日規則第2号)

この規則は、昭和55年4月1日から施行する。

付 則(昭和56年3月31日規則第3号)

この規則は、昭和56年4月1日から施行する。

付 則(昭和58年4月1日規則第18号)

この規則は、昭和58年4月1日から施行する。

付 則(昭和59年4月1日規則第22号)

この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

付 則(平成元年3月30日規則第2号)

この規則は、平成元年4月1日から施行する。

付 則(平成6年2月1日規則第2号)

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

付 則(平成9年3月31日規則第4―3号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

付 則(平成12年3月22日規則第7号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

付 則(平成15年2月24日規則第2号)

この規則は、平成15年3月1日から施行する。

付 則(平成17年12月28日規則第25号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成29年7月12日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

様式 略

三郷町営墓園の設置等に関する条例施行規則

昭和52年7月1日 規則第3号

(平成29年7月12日施行)

体系情報
第8編 生/第3章
沿革情報
昭和52年7月1日 規則第3号
昭和55年3月27日 規則第2号
昭和56年3月31日 規則第3号
昭和58年4月1日 規則第18号
昭和59年4月1日 規則第22号
平成元年3月30日 規則第2号
平成6年2月1日 規則第2号
平成9年3月31日 規則第4号の3
平成12年3月22日 規則第7号
平成15年2月24日 規則第2号
平成17年12月28日 規則第25号
平成29年7月12日 規則第9号