○三郷町公用車管理運行規則

平成14年2月12日

規則第9号

第1章 総則

(趣旨)

第1条 公用車の管理、運行及び使用等については、別に定めるもののほか、この規則の定めるところによる。

(用語の意義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に掲げるところによる。

(1) 公用車 道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「車両法」という。)第2条第2項に規定する自動車及び同条第3項に規定する原動機付自転車で町が所有し、又は借り上げて運行の用に供するものをいう。

(2) 運転者 公用車の運転に従事する者をいう。

(公用車の管理区分)

第3条 公用車は、その管理のため、次のように区分する。

(1) 専用車 特定業務に使用するため特定の課又は施設に配置され使用する公用車

(2) 共用車 専用車以外で、三郷町行政組織条例(平成3年3月三郷町条例第1号)に規定する部及び教育委員会事務局に配置され、共通的に使用することを目的とする公用車

(平18規則28・平20規則12・一部改正)

(公用車管理台帳)

第4条 公用車管理台帳(第1号様式)は、総務部まちづくり推進課で管理するものとする。

2 公用車管理台帳には、必要事項を記載し、有効な自動車検査証の写しを添付しておかなければならない。

3 公用車の購入又は廃車をした場合は、総務部まちづくり推進課へ報告しなければならない。

(平14規則25・平18規則28・平23規則11・一部改正)

第2章 運行管理の機関

(管理責任者)

第5条 共用車は、当該部の長が指定する課又は施設の長が管理するものとする。

2 専用車にあつては、当該特定業務を所管する課又は施設の長が管理するものとする。

3 前2項に規定する者(以下「管理責任者」という。)は、常に公用車の保全に努め、使用しないときは、所定の車庫に納車し、施錠しなければならない。

4 公用車の鍵は、管理責任者が保管し、関係者以外の者がみだりに持ち出す等のないようにしなければならない。

(平18規則28・平20規則12・平23規則11・一部改正)

(安全運転管理者及び副安全運転管理者)

第6条 公用車の安全な運転に必要な業務を行わせるため、道路交通法(昭和35年法律第105号。以下「道交法」という。)第74条の3第1項に規定する安全運転管理者を置く。

2 安全運転管理者の業務を補助させるため、道交法第74条の3第4項に規定する副安全運転管理者を置く。

3 安全運転管理者及び副安全運転管理者は、法定の資格を有する職員の中から町長が任命する。

(平18規則28・一部改正)

(安全運転管理者の職務)

第7条 安全運転管理者は、法令及びこの規則の定めるところにより、次の業務を行うものとする。

(1) 道交法第74条の3第2項に規定する安全運転管理者の業務に関すること。

(2) 公用車の運転に関し、法令に定める事項について運転者を指導すること。

(平18規則28・一部改正)

第3章 公用車の運行

(根本基準)

第8条 公用車は、車両の整備に関する法令等の規定により整備が適正に行われている状態において及び道路交通の安全確保に関する法令等の規定に従い、公務を適正かつ効率的に遂行するために運行させなければならない。

(運行の基準)

第9条 公用車は、町の行政上必要な業務以外に運行又は使用してはならない。ただし、町長が公益上必要と認めたときは、この限りでない。

(職員外の使用禁止)

第10条 公用車は、町の職員以外の者に貸与し、又は使用させてはならない。ただし、町長が公益上必要と認めたときは、この限りでない。

(安全運転に専念する義務)

第11条 運転者は、公用車の運転にあたつては、人命尊重の精神に徹し、法令を厳守し、慎重なる注意力をもつて安全第一に努めなければならない。

(整備)

第12条 町長は、公用車について、車両法第48条の定期点検を実施しなければならない。

2 運転者は、使用前後必ず公用車の整備状況を点検し、整備不良車は絶対に使用してはならない。

3 運転者は、使用中に故障又は整備不良を発見したときは、速やかに故障理由又は整備不良を具して管理責任者に報告しなければならない。

4 管理責任者は、前項の報告があつたときは、自ら故障箇所又は整備不良を調査し、速やかに修理の手続きをしなければならない。

5 管理責任者は、法令に定められた時期及び方法により公用車(原動機付自転車を除く。)の検査を実施しなければならない。

(使用の手続)

第13条 公用車を使用しようとするときは、あらかじめ当該公用車の管理責任者に申し出なければならない。

(平18規則28・全改)

(運行報告)

第14条 運転者は、当該用務が終了したときは、その運行内容を公用車運転日報(第2号様式)に記録し、管理責任者に報告しなければならない。

(平18規則28・一部改正)

第4章 雑則

(交通事故等の処理)

第15条 公用車の運行中において、事故が発生したときは、運転者(運転者ができないときは、同乗者等)は、法令に定められた処置をとるほか、直ちに当該公用車の管理責任者に報告して指示を受けなければならない。

2 管理責任者は、前項の規定による報告を受けたときは、直ちにまちづくり推進課長に通報しなければならない。

3 運転者は、第1項の処置をしたのち、直ちに事故報告書(第3号様式)をまちづくり推進課長を経て町長に報告しなければならない。

(平14規則25・平18規則28・平23規則11・一部改正)

(損害賠償)

第16条 公用車の運行によつて発生した交通事故について、町がその損害を賠償すべき責任がある場合は、自動車損害賠償保障法(昭和30年法律第97号)第71条の規定により政府が行う自動車損害賠償保障事業の補償を基準として適正な賠償をするものとする。

2 前項の賠償事務の取扱については、別に定める。

(平18規則28・一部改正)

(求償)

第17条 前条第1項の規定により町がその損害を賠償した場合において、当該交通事故が運転者その他の関係者の故意又は過失によつて発生したものであるときは、町が賠償した金額の全部又は一部を求償する。

2 前項の求償事務の取扱いについては、別に定める。

(処分)

第18条 公用車を運転中に必要な注意を怠り、又は故意若しくは重大な過失により交通違反又は交通事故を起こしたときは、運転者等に対し地方公務員法(昭和25年法律第261号)の規定による懲戒処分をすることができる。

(その他)

第19条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この規則は、平成14年4月1日から施行する。

(三郷町公用車使用規程の廃止)

2 三郷町公用車使用規程(昭和43年8月三郷町訓令甲第1号)は、廃止する。

付 則(平成14年6月25日規則第25号)

この規則は、平成14年7月1日から施行する。

付 則(平成18年12月25日規則第28号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成20年3月28日規則第12号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

付 則(平成23年3月30日規則第11号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

(平18規則28・全改)

画像

(平18規則28・旧第4号様式繰上)

画像

(平14規則25・一部改正、平18規則28・旧第5号様式繰上・一部改正、平20規則12・平23規則11・一部改正)

画像画像画像

三郷町公用車管理運行規則

平成14年2月12日 規則第9号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成14年2月12日 規則第9号
平成14年6月25日 規則第25号
平成18年12月25日 規則第28号
平成20年3月28日 規則第12号
平成23年3月30日 規則第11号