○三郷町ねたきり身体障害者(児)紙おむつ等支給要綱

平成18年1月10日

告示第1号

三郷町ねたきり老人等紙おむつ支給要綱(昭和48年4月三郷町要綱第8号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この要綱は、在宅のねたきり身体障害者(児)に対し紙おむつ及びおむつカバー(以下「紙おむつ等」という。)を支給することにより、身体障害者(児)の福祉の向上を図ることを目的とする。

(支給対象)

第2条 紙おむつ等は、次の各号のいずれにも該当する者に対し支給する。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により交付を受けた身体障害者手帳に、下肢、体幹又は内部障害の障害の程度が、1級又は2級である者として記載されている者

(2) 在宅する3歳以上65歳未満の身体障害者(児)で、ねたきりかつ常時失禁状態にある者

(3) 町内に居住する者

(4) 三郷町高齢者家族介護支援特別事業実施要綱(平成12年6月三郷町告示第7号)により、紙おむつ等の支給を受けていない者

(平25告示14・一部改正)

(申請手続)

第3条 紙おむつ等の支給を受けようとする者は、ねたきり身体障害者(児)紙おむつ等支給申請書(第1号様式)に日常生活等状況報告書(第2号様式)を添えて、町長に申請しなければならない。

2 前項の場合において、本人が申請手続をすることができないときは、その者を養護する者が代わって申請することができるものとする。

(受給資格の決定)

第4条 町長は、前条第1項の申請書を受理した場合において、その内容を審査し、受給資格を有すると認めたときは、ねたきり身体障害者(児)紙おむつ等支給決定通知書(第3号様式)を、受給資格がないと認めたときは、ねたきり身体障害者(児)紙おむつ等支給申請却下通知書(第4号様式)を申請者に交付するものとする。

(支給の開始)

第5条 紙おむつ等は、受給資格を認定した日がその日の属する月の15日以前のときは、16日から支給を開始し、16日以降月末までのときは、翌月の1日から支給を開始する。

(支給の停止)

第6条 町長は、紙おむつ等の支給を受けている者(以下「受給者」という。)第2条各号のいずれかに該当しなくなったとき又は死亡したときは、その事由が生じた日の属する月の翌月から紙おむつ等の支給を停止する。

2 受給者又はその扶養義務者は、前項の事由が生じたときは、速やかにねたきり身体障害者(児)紙おむつ等受給資格喪失届(第5号様式)を町長に提出しなければならない。

(支給の方法)

第7条 紙おむつ等の支給は、町長が別に定める方法で受給者に直接送付する。

(不正受給)

第8条 町長は、偽りその他不正の手段により紙おむつ等の支給を受けた者があるときは、その全部若しくは一部又は相当金額を返還させるものとする。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

付 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成20年3月31日までの間、改正前の三郷町ねたきり老人等紙おむつ支給要綱(以下「旧要綱」という。)により支給決定を受けていた者は、なお従前の例による。ただし、旧要綱により受給資格を喪失した者は、この告示の規定を適用する。

付 則(平成25年3月29日告示第14号)

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

三郷町ねたきり身体障害者(児)紙おむつ等支給要綱

平成18年1月10日 告示第1号

(平成25年4月1日施行)