○三郷町子育て短期支援事業実施要綱

平成18年3月20日

告示第8号

(目的)

第1条 この要綱は、保護者の疾病その他の理由により家庭において養育を受けることが一時的に困難となった児童について、乳児院又は児童養護施設(以下「実施施設」という。)において一定の期間必要な保護を行う事業(以下「短期支援事業」という。)の実施について定めることにより、当該児童及びその家庭の福祉向上を図ることを目的とする。

(実施施設)

第2条 町長は、あらかじめ指定した実施施設に短期支援事業を委託して行うものとする。

(短期支援事業の種類及び内容)

第3条 短期支援事業の種類及び内容は、次のとおりとする。

(1) 短期入所生活援助(ショートステイ)事業

 事業内容

この事業は、保護者が疾病その他の理由により家庭において児童を養育することが一時的に困難となった場合に、当該児童を実施施設において一定の期間必要な保護を行うものとする。

 利用対象者

この事業の対象者は、次に掲げる事由に該当する家庭の児童とする。ただし、医療機関に入院して治療を受ける必要があると認められた児童は、対象者から除くものとする。

(ア) 児童の保護者の疾病

(イ) 育児疲れ、育児不安等身体上又は精神上の事由

(ウ) 出産、看護、事故、災害、失踪等家庭養育上の事由

(エ) 冠婚葬祭、転勤、出張又は学校等の公的行事への参加等社会的な事由

 利用期間

この事業の利用期間は、7日以内とする。ただし、町長がやむを得ない事情があると認めた場合には、必要最小限の範囲内でその期間を延長することができる。

(2) 夜間養護等(トワイライトステイ)事業

 事業内容

この事業は、保護者が仕事等の事由により恒常的に帰宅が夜間となる家庭又は休日に不在となる家庭において児童を養育することが困難となった場合に、当該児童を実施施設において保護し、生活指導、食事の提供等を行うものとする。

 利用対象者

この事業の対象者は、保護者が仕事等の事由により恒常的に帰宅が夜間になる家庭又は休日に不在となる家庭の児童とする。ただし、医療機関に入院して治療を受ける必要があると認められた児童は、対象者から除くものとする。

 利用期間

この事業の利用期間は、6月以内とする。ただし、町長がやむを得ない事情があると認めた場合には、必要最小限の範囲内でその期間を延長することができる。

(事前登録)

第4条 短期支援事業の利用を希望する者は、子育て短期支援事業事前登録申請書(第1号様式。以下「事前登録書」という。)を町長に提出するものとする。

2 町長は、前項の事前登録申請書を受理したときは、審査の上、年間対象者として事前登録者名簿(第2号様式)に登録するものとする。

(利用申請)

第5条 短期支援事業を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、子育て短期支援事業利用申請書(第3号様式)を町長に提出するものとする。ただし、緊急の場合は、町長は、実施施設に受入れの可否を確認の上、利用者に実施施設を経由して所定の手続をさせることができる。

(利用決定)

第6条 町長は、前条の申請書を受理したときは、実施施設に受入れの可否を確認の上、利用者に対し、子育て短期支援事業利用決定通知書(第4号様式)を交付するとともに、その写し1部を実施施設に送付するものとする。

(送迎)

第7条 児童の実施施設への送迎は、短期支援事業の利用決定を受けた者が行うものとする。

(報告)

第8条 実施施設は、当該児童が短期支援事業の利用を終了したときは、町長に対し、子育て短期支援事業実施報告書(第5号様式)を提出するものとする。

(経費)

第9条 短期支援事業の利用に要する経費は、別表に規定するところにより、町長及び保護者が負担するものとする。

2 実施施設は、前項の経費について子育て短期支援事業委託料請求書(第6号様式)により町長に対し請求するものとし、保護者が負担する経費については、直接保護者に対し請求するものとする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

付 則

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成20年3月28日告示第9号)

この告示は、平成20年4月1日から施行する。

付 則(平成26年9月24日告示第25号)

この告示は、平成26年10月1日から施行する。

別表(第9条関係)

(平26告示25・一部改正)

(1) 短期入所生活援助(ショートステイ)事業

〈1日当たり〉単位 円

世帯区分

区分

基準単価

保護者負担

町負担

生活保護世帯等

2歳未満児

10,700

0

10,700

2歳以上児

5,500

0

5,500

市町村民税非課税世帯等

2歳未満児

10,700

1,100

9,600

2歳以上児

5,500

1,000

4,500

その他の世帯

2歳未満児

10,700

5,350

5,350

2歳以上児

5,500

2,750

2,750

(2) 夜間養護等(トワイライトステイ)事業

〈1日当たり〉単位 円

世帯区分

区分

基準単価

保護者負担

町負担

生活保護世帯等

基本額

1,500

0

1,500

宿泊

1,500

0

1,500

休日預かり

2,700

0

2,700

市町村民税非課税世帯等

基本額

1,500

300

1,200

宿泊

1,500

300

1,200

休日預かり

2,700

350

2,350

その他の世帯

基本額

1,500

750

750

宿泊

1,500

750

750

休日預かり

2,700

1,350

1,350

備考

1 この表における「生活保護世帯等」とは、母子及び父子並びに寡婦福祉法(昭和39年法律第129号)第6条第6項に規定する配偶者のない者で現に児童を扶養しているものの世帯で、市町村民税非課税世帯に該当する場合を含む世帯をいう。

2 この表における「市町村民税非課税世帯等」とは、母子家庭、父子家庭及び養育者世帯をいう。(ただし、「生活保護世帯等」は除く。)

画像画像

画像

画像

(平20告示9・一部改正)

画像

画像

画像

三郷町子育て短期支援事業実施要綱

平成18年3月20日 告示第8号

(平成26年10月1日施行)