○三郷町職員採用規程

平成20年5月15日

告示第22号

(趣旨)

第1条 この規程は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)の規定に基づき、三郷町職員(三郷町職員定数条例(昭和35年3月三郷村条例第4号)第1条の職員をいう。以下「職員」という。)の採用に関し必要な事項を定めるものとする。

(採用の方法)

第2条 職員の採用は、競争試験(以下「試験」という。)によるものとする。ただし、特殊の技術、経験等を必要とする職その他任命権者が特に必要と認める職については、選考による採用をすることができる。

(試験の方法)

第3条 試験は、職務遂行の能力を有するかどうかを正確に判定することを目的とし、次に掲げる方法により、又はこれらの方法をあわせ用いることにより行うものとする。

(1) 筆記試験

(2) 口頭試問

(3) 人物性行、教育程度、経歴、適性、知能、技能、一般的知識、専門的知識及び適応性の判定の方法

(受験資格)

第4条 受験資格は、受験の対象となる職及び試験の区分に応じ、職務遂行に必要な最低の経歴、学歴、免許等について任命権者が定める。

(試験の委託)

第5条 任命権者は、試験の実施に当たっては、試験の公正の確保のため、町長が設置する三郷町職員採用試験委員会(以下「委員会」という。)に委託して行うものとする。

(委員会の組織)

第6条 委員会は、次に掲げる者をもって組織する。

(1) 委員長 副町長

(2) 委員 町長の指定する職にある者

2 委員長は、委員会を招集し、議長となり、会務を総理する。

3 委員長に事故あるときは、委員長があらかじめ指定する委員が、その職務を代理する。

4 委員会の庶務は、総務部総務課において処理する。

(委員会の所掌事務)

第7条 委員会は、次に掲げる事務を行う。

(1) 試験を告示すること。

(2) 受験の申込みを受理すること。

(3) 試験を実施すること。

(4) 試験の結果に基づいて採用候補者名簿を作成し、採用候補者を任命権者に提示すること。

(5) 試験の実施に必要な事項について調査を行うこと。

(6) 前各号に掲げるもののほか、試験の施行に関する事務を処理すること。

2 前項に規定する委員会の事務は、その委員長が行うものとする。

3 委員長は、その事務の一部を部内の職員に委任することができる。

(試験の告示)

第8条 委員会は、試験を行う場合には、あらかじめ適切な方法により告示しなければならない。

2 前項の規定による告示の内容は、次に掲げる事項とする。

(1) 試験の対象となる職の職務

(2) 初任給その他の勤務条件

(3) 受験資格

(4) 試験の方法

(5) 試験の実施時期及び場所

(6) 合格者の発表の時期及び方法

(7) 受験手続

(8) 前各号に掲げるもののほか、委員会が必要と認める事項

(採用候補者名簿)

第9条 試験を行った場合においては、委員会は、当該試験の合格者を登録した採用候補者名簿を作成しなければならない。

2 採用候補者名簿の有効期限は、1年とする。ただし、任命権者が特に必要があると認める場合は、1年を超えない期間でこれを延長することができる。

(試験による採用)

第10条 試験による職員の採用は、採用候補者名簿に登録された者のうちから行う。

(選考による採用)

第11条 第2条ただし書の規定による採用は、選考される者の職務遂行の能力を有するかどうかを正確に判定することを目的とし、必要に応じて第8条第2項各号に掲げる方法によることができる。

2 選考の基準については、任命権者が別に定める。

(その他)

第12条 この規程に定めるもののほか、試験の施行に関し必要な事項は、町長が定める。

付 則

この告示は、平成20年5月15日から施行する。

三郷町職員採用規程

平成20年5月15日 告示第22号

(平成20年5月15日施行)