○三郷町暮らしのネットワーク事業実施要綱

平成24年12月20日

告示第32号

(目的)

第1条 この要綱は、町内の一人暮らしの者、高齢者、障害者、生活困窮者等(以下「要保護者」という。)の孤立死及び孤独死の防止を図るため、官民が協働して三郷町暮らしのネットワーク(以下「ネットワーク」という。)事業を実施し、もって要保護者に安心感を提供することを目的とする。

(組織)

第2条 ネットワークは、三郷町、三郷町社会福祉協議会、民間事業者、各種団体等で組織する。

(活動)

第3条 ネットワークは、次に掲げる活動を行うものとする。

(1) 要保護者の異変を察知し、関係機関に通報すること。

(2) 要保護者の見守りを行うこと(民間事業者を除く。)

(調整機関)

第4条 ネットワークの事務を総合的に調整するため、健康福祉部健康課を調整機関に指定する。

(事務局)

第5条 ネットワークの事務を処理するため、事務局を健康福祉部健康課及び福祉政策課に置き、調整機関の調整のもと連携して必要な事務を行う。

(要保護者の異変の連絡等)

第6条 要保護者の異変を察知した者は、速やかに事務局へ連絡を行うものとする。ただし、人命尊重の観点から、生命及び財産に係る緊急通報が必要な場合は、消防署及び警察署への通報を優先するものとする。

2 異変の連絡方法等については、町長が別に定める。

(民間事業者との協定)

第7条 民間事業者がネットワーク事業に協力する場合は、三郷町暮らしのネットワークに関する協定書(別記様式)を締結するものとする。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

付 則

この告示は、平成25年2月1日から施行する。

画像画像

三郷町暮らしのネットワーク事業実施要綱

平成24年12月20日 告示第32号

(平成25年2月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成24年12月20日 告示第32号