○三郷町空き家等の適正管理に関する条例施行規則

平成26年3月25日

規則第1号

(情報提供)

第2条 条例第4条の規定による情報提供は、空き家等の適正管理に関する情報提供書(第1号様式)を町長に提出する方法によるほか、口頭その他適宣の方法により行うことができるものとする。

(立入調査)

第3条 町長は、条例第5条第2項の規定により立入調査(以下「立入調査」という。)を行うときは、あらかじめ空き家等の所有者等に対し、空き家等の適正管理に関する立入調査実施通知書(第2号様式)により立入調査を行う旨を通知するものとする。

2 町長は、空き家等の所有者等が判明しないときは、前項の規定による通知に代えて立入調査を行う旨を告示するものとする。

3 条例第5条第3項の身分を証明する書類は、空き家等の適正管理に関する身分証明書(第3号様式)によるものとする。

(危険な状態にある空き家等の認定)

第4条 条例第6条の危険な状態にある空き家等の認定は、別表の危険な状態にある空き家等認定基準により行うものとする。

(助言又は指導)

第5条 条例第8条の助言又は指導は、空き家等の適正管理に関する助言・指導書(第4号様式)によるものとする。

(勧告)

第6条 条例第9条の規定による勧告は、空き家等の適正管理に関する勧告書(第5号様式)によるものとする。

(命令)

第7条 条例第10条の規定による命令は、空き家等の適正管理に関する命令書(第6号様式)によるものとする。

(公表)

第8条 条例第11条第1項の規定による公表は、次に掲げる方法により行うものとする。

(2) 町ホームページへの掲載

(3) その他町長が認める方法

2 条例第11条第2項の規定により意見を述べる機会を付与するときは、空き家等の適正管理に関する意見陳述機会の付与通知書(第7号様式)により行うものとする。

3 前項に規定する通知を受けて意見を述べようとする者は、第1項の公表の予定日の10日前までに、空き家等の適正管理に関する公表に対する意見書(第8号様式)を町長に提出するものとする。ただし、所有者が口頭による意見陳述を求めたときは、この限りでない。

4 町長は、前項に規定する意見を受けて必要があると認めるときは、第1項の公表を猶予することができる。

(緊急安全代行措置)

第9条 条例第12条第1項又は第2項の同意は、空き家等の適正管理に関する緊急安全代行措置等同意書兼確約書によるものとする。

(代執行)

第10条 条例第14条の規定により代執行する場合(次項において「代執行の場合」という。)において、行政代執行法(昭和23年法律第43号)第3条第1項の規定による戒告は、戒告書(第10号様式)によるものとする。

2 代執行の場合において、行政代執行法第3条第2項の規定による通知は、代執行令書(第11号様式)によるものとする。

(三郷町空き家等審議会)

第11条 条例第17条第1項の審議会に委員長及び副委員長を置く。

2 委員長は、委員の互選によりこれを定める。

3 副委員長は、委員のうちから委員長が指名する。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

5 審議会の会議(以下「会議」という。)は委員長が招集し、委員長が議長となる。

6 会議は、委員の過半数が出席しなければ開くことができない。

7 会議の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

8 委員会は、必要と認めるときは、関係者に対し、文書若しくは口頭による説明を求め、又は資料の提出を求めることができる。

9 審議会の庶務は、環境整備部環境政策課において処理する。

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

付 則

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

付 則(平成28年3月23日規則第8号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の様式の規定は、この規則の施行の日以後に行う処分について適用し、同日前に行った処分については、なお従前の例による。

別表(第4条関係)

危険な状態にある空き家等認定基準

評定項目

評定内容

評点

最高評点

基礎

構造耐力上主要な部分である基礎が玉石であるもの

10

45

構造耐力上主要な部分である基礎がないもの

20

外壁

外壁の構造が粗末なもの

25

基礎、土台、柱及びはり

柱が傾斜しているもの又ははり、土台若しくは柱に腐朽若しくは破損した部分があるもの

25

100

基礎に不同沈下があるもの、柱の傾斜が著しいもの又ははり、土台若しくは柱に大規模な腐朽若しくは破損があるもの

50

基礎、土台、柱又ははり腐朽、破損又は変形が著しく崩壊の危険のあるもの

100

外壁

外壁の仕上材料のはく落、腐朽又は破損により下地が露出しているもの

15

25

外壁の仕上材料の剥落、腐朽若しくは破損により著しく下地の露出しているもの又は壁体を貫通する穴を生じているもの

25

屋根

屋根ぶき材料の一部に剥落又はずれがあり、雨漏りのあるもの

15

50

屋根ぶき材料に著しい剥落があるもの、軒の裏板、たる木等が腐朽したもの又は軒の垂れ下がったもの

25

屋根が著しく変形したもの

50

雨水

雨どいがないもの

10

10

道路の通行人又は隣接地に対する影響

外壁、屋根材等が道路又は隣接地に落下する等敷地外に被害を及ぼすおそれがあるもの

25

50

外壁、屋根材等が現に道路又は隣接地に落下している状況があるもの

50

備考 評点の合計が100点以上であるものを危険な状態にある空き家等と認定する。

画像

画像

画像

画像

画像

(平28規則8・全改)

画像

画像画像

画像

画像

画像

(平28規則8・全改)

画像

三郷町空き家等の適正管理に関する条例施行規則

平成26年3月25日 規則第1号

(平成28年4月1日施行)