ホーム > まち・環境 > 環境 > 微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報について

ここから本文です。

更新日:2015年1月6日

微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報について

中国からの大気汚染物質の日本国内への流入が懸念されています。奈良県内では奈良県が測定している王寺局・天理局と奈良市が測定している西部局の3箇所でPM2.5の測定をしています。

注意喚起を行う判断の目安

  • 一般局のいづれかの局で午前5時、6時、7時の1時間値の平均値が、85μg/立方メートルを超えた場合は、日平均値が70μg/立方メートルを超える可能性が高いと判断し、三郷町防災行政無線等で注意喚起を行います。
  • 一般局のいづれかの局で午前5時~12時までの1時間値の平均値が、80μg/立方メートルを超えた場合は、日平均値70μg/立方メートルを超える可能性が高いと判断し、三郷町防災行政無線等で注意喚起を行います。
  • 注意喚起の解除は、一般局のすべての局で1時間値が2時間連続して50μg/立方メートル以下に改善した場合に行う。(※注意喚起は当日24時を超えて継続しない)

注意喚起が行われた場合の行動の目安

注意喚起が行われた場合には、以下の点に留意してください。

  • 不要不急の外出を控える。
  • 屋外での長時間の激しい運動をできるだけ控える。
  • 屋内においても換気や窓の開閉を必要最小限にする。
  • 呼吸器系や循環器系疾患のある者、小児、高齢者等の高感受性者においては、体調に応じてより慎重に行動することが望まれる。

PM2.5の測定データについて

奈良県PM2.5の測定値について(そらまめ君サイト)(外部サイトへリンク)
注意喚起体制について(外部サイトへリンク)

お問合せ

環境政策課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7341

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。