ホーム > まち・環境 > 住まい > ストップ!住宅街区での路上駐車

ここから本文です。

更新日:2011年12月15日

ストップ!住宅街区での路上駐車

幹線道路から住宅街区内の道路に入りますと、長時間にわたり路上に駐車し続けている車、歩道をさえぎるように家の前に並んだ車の列、こんな光景をよく目にします。「車もあまり通らないから」とか「自宅の前だから」といった軽い気持ちで一部の人が道路を自分の駐車場とするために、路上駐車は増え続け、住宅街を悩ませているのが現状です。道路は、道路として使って頂くための公共資産です。町民のみなさん自らが町民のみなさん自身の住みよい住環境づくりに携わっているとの意識を持って頂き、路上駐車がどのように地域のみなさんを困らせ、多大な迷惑を及ぼしているかを考えて頂く必要があります。

路上駐車は・・・・

  1. 歩行者の通行の妨げになります。歩道に駐車しないでください。
  2. 緊急自動車の活動を妨げます。生命・財産の「もしも」のために。
  3. まちの景観を損ねます。整然とした美しいまちづくりが阻害されます。
  4. 車庫の出入りに支障をきたします。切り返しての車庫入れも困難です。
  5. 交通事故を誘発します。道路上の大きな障害物となるものです。

特に、子どもたちの目線の高さでは路上駐車が邪魔となって、走行している車両の確認は難しいものです。
安心・安全で住みよいまちをつくるために、個々の自覚とともに地域全体で路上駐車を許さない環境づくりを進
めていきましょう。皆様のご協力をお願いいたします。

お問合せ

環境政策課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7341

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。