ホーム > 暮らし・手続き > 生活環境 > セアカゴケグモにご注意ください!

ここから本文です。

更新日:2014年8月21日

セアカゴケグモにご注意ください!

町内でセアカゴケグモが発生しています

セアカゴケグモは、一見毒々しい姿をしていますが、元来攻撃性のないおとなしいクモですので、素手で触ったりしなければ、咬まれる心配はありませんが、それでもお子さんがいる家庭では特に注意してください。 なお、三郷町職員による駆除は行っておりません。

セアカゴケグモの特徴

  • メス:体長約10~14mm。
    身体は黒色で腹部の背側中央によく目立つ赤色の模様がある。
    腹部の腹側中央に赤色の砂時計模様がある。
  • オス:体長約4~5mm。
    腹部はメスより細めで、身体は白色で黒色または濃い褐色の模様がある。
    メスと同じく腹部の腹側中央に赤色の砂時計模様がある。
  • 卵のう:直径約10mm。
    乳白色または黄褐色の球形。

セアカゴケグモの生息場所(町内の事例)

  • コンクリート張りガレージ(地表よりおよそ50cm以内の隅・隙間等)
  • 雨水桝等の蓋の裏側
  • 擁壁水抜き内部
  • 側溝または蓋付きならば蓋の裏側・内部

見かけたときの対処の心得

  • 素手で触らない。
  • 踏みつぶすか市販の殺虫剤をかけて駆除する。
  • 卵は焼却する。(殺虫剤は卵に効果が薄い)

もし咬まれたら

  • 患部を水でよく洗う。
  • 病院へ行く。(咬んだクモを持参すると適切な治療につながります。)

咬まれたときの症状

はじめはチクッと針で刺したような痛みを感じます。やがて咬まれた部分のまわりが腫れて赤くなります。痛みはしだいに全身に広がります。場合によっては多量の汗をかいたり、寒け、吐きけなどが現れることもあります。通常は、数日から数ヶ月で回復する例が多く、咬まれても重症になることはほとんどありませんが、病院に行くなどの処置をしてください。
セアカゴケグモ(オス・メス)

セアカゴケグモ(卵のう)

 セアカゴケグモ・ハイイロゴケグモに注意してください。(環境省リーフレット)(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

環境政策課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7341

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。