ホーム > まち・環境 > 交通 > 交通安全 > 高齢者の交通死亡事故が増加

ここから本文です。

更新日:2017年3月10日

高齢者の交通死亡事故が増加

今年に入り、奈良県内で12件の交通死亡事故が発生し、昨年の3倍となっています。

特に高齢歩行者が被害に遭う交通死亡事故が7件も発生しています。そのうち3件は、

西和警察署管内で発生し、どれも運転者の不注意によるものです。

★高齢者のみなさま★

・道路を横断するときは、横断歩道を渡りましょう。

・車に発見されやすいよう、明るい服装や反射材を着用しましょう。

・交差点では、右折や左折する車に気をつけましょう。

・夜間に横断するときは、車が来ていないか昼間より確認しましょう。

★ドライバーのみなさま★

・横断歩道を渡ろうとする歩行者がいるときは必ず止まりましょう。

・右折や左折するときは横断歩道の歩行者に気をつけましょう。

早めにヘッドライトをつけましょう。

・先行者や対向車がないときは、歩行者を見つけやすくするため

ヘッドライトを上向きにしましょう。

くれぐれも事故に「あわない」「おこさない」ように、交通事故防止に努めていただきますよう

お願いします。



お問合せ

環境政策課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7341

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。