ホーム > 観光・歴史 > 万葉歌人のとおったみち > 万葉歌 巻20-4395

ここから本文です。

更新日:2016年12月26日

万葉歌 巻20ー4395

獨(ひとり)龍田山の桜花を惜しめる歌一首

龍田山 見つつ越え来し 桜花(さくらばな) 散りか過ぎなむ 我が帰るとに

多都多夜麻 見都々古要許之 佐久良波奈 知利加須疑奈牟 和我可敞流刀尓

作者 大伴家持(おほとものやかもち)※注1
時と場所 天平勝宝7年(755)、龍田山を思い出し難波で詠まれた。
解釈 龍田山で見ながら越えて来た桜の花は、私が帰るときまでにすっかり散ってしまっているだろうなあ。
歌の心と背景 奈良の京より難波に下る際に見た龍田山の桜を惜しんだ歌。万葉の頃は、龍田山といえば桜、吉野といえば水が連想された。
三室山遊歩道万葉歌碑 

三室山遊歩道の万葉歌碑

 

JR三郷駅から北西方向に10分程歩いたところに三室山遊歩道がある。三室山遊歩道は龍田大社の神様の降臨地である「御座峰」(ござがみね)や元本宮跡とも云われる「磐座」(いわくら)と龍田大社を結ぶ「神降りの道」(かみくだりのみち)であり、古代に大和と難波を結んだ官道「龍田古道」(たつたこどう)の一つといわれている。その三室山遊歩道の入口上がってすぐの平坦地に、平成28年11月に三郷町制施行50周年を記念して万葉歌碑(揮毫、奈良女子大学名誉教授、坂本信幸先生)が建立された。

 

※注1【大伴家持】(おほとものやかもち)

奈良時代の万葉歌人。三十六歌仙の一人。越中の守を初め、中央・地方諸官を歴任し、延暦2年(783)に中納言となる。万葉集中最も多い480余首の歌を残し、その編纂者の一人と考えられている。万葉集最終番歌(4516番歌)は、天平宝字3年(759)因幡国庁で詠まれたもの。大伴旅人の子で、坂上郎女(いらつめ)は叔母、坂上大嬢(おおいらつめ)は正妻。延暦4年(785)に没。

お問合せ

生涯学習課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目2番2号

電話番号:0745-43-7332

ファックス:0745-31-2501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。