ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 辻ノ垣内瓦窯1号窯・2号窯

ここから本文です。

更新日:2013年12月17日

辻ノ垣内瓦窯1号窯・2号窯(町指定文化財)

   

 現在の「イーストヒルズ勢野」の住宅開発に伴う発掘調査にて、発見された4基の瓦窯の内、状態の良かった窯をウレタン加工をし、保存展示している。本来は1号窯から4号窯まであり、年代順では3号窯(6世紀末から7世紀初頭)、2号窯(7世紀中頃から後半)、1号窯(2号窯にやや遅れる)、4号窯(1号窯にやや遅れる)の順で築かれている。3号窯辻ノ垣内瓦窯1号窯・2号窯は地下式無段登り窯で、瓦と須恵器の両方を焼いており、2号窯と1号窯は地下式有段登り窯で瓦のみを焼いている。4号窯は地下式有段登り窯で、未使用のまま放棄されている。2号窯からは「平隆寺式」と呼ばれる軒瓦が生産されており、全ての窯において平隆寺の造営に関わるものであることが推定できる。

お問合せ

生涯学習課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目2番2号

電話番号:0745-43-7332

ファックス:0745-31-2501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。