ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化財 > 開運橋

ここから本文です。

更新日:2013年12月17日

開運橋(有形登録文化財)

 開運橋(雪化粧)

   開運橋は、昭和6年12月に三郷町と平群町にまたがって架けられた現存最古例の「上路カンチレバー橋」で、橋脚は鉄骨を組み合わせた「トレッスル橋脚」を用いている。竣工当時は信貴山詣のため東側(奈良側)、西側(大阪側)に鋼索線がつくられ、現在の信貴・生駒スカイラインには山上鉄道が走っており、開運橋は西側からの参詣客の利便性向上の為に架けられた。大正・昭和と信貴山参詣の近代化を表す貴重な文化財である。

お問合せ

生涯学習課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目2番2号

電話番号:0745-43-7332

ファックス:0745-31-2501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。