ホーム > まち・環境 > 環境 > COOL CHOICEに賛同しています

ここから本文です。

更新日:2017年4月26日

COOL CHOICE に賛同しています

COOL CHOICEとは

2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動です。
例えば、エコカーを買う、エコ住宅を建てる、エコ家電にするという「選択」、高効率な照明に替える、公共交通機関を利用するという「選択」、クールビズをはじめ、低炭素なアクションを実践するというライフスタイルの「選択」。
みんなが一丸となって温暖化防止に資する選択を行ってもらうため、統一ロゴマークを設定し、政府・産業界・労働界・自治体・NPO等が連携して、広く国民に呼びかけるものです。

cool

三郷町は「COOL CHOICE」に賛同しています

三郷町では、地球温暖化対策を総合的に取り組んでまいりました。
創エネルギープランとして、太陽光発電やペレットを製造するペレタイザーを設置、CO2削減プランとして、街路灯等照明のLED化やガスコージェネレーションシステム・ペレットボイラーの導入、循環型社会構築プランとして、木質バイオマス等ごみの再資源化率の向上にも取り組んでまいりました。
また、住民一人一人が「COOL CHOICE」を意識して取り組めるよう、ゴーヤの苗を配布し各戸でグリーンカーテンを設置してもらいました。職員も、職場ではミサトっ子を着用し、三郷町ならではのクールビスを実践するなど、いろいろな地球温暖化対策の活動を実践しています。
これからも、住民の方をはじめ、皆が一丸となって、それぞれのライフスタイルに合わせた、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」が実践できるように、国民運動「COOL CHOICE」を推進することを宣言します。
平成29年4月26日  三郷町長 森 宏範
 

具体的な取り組み

  1. 防犯灯、街路灯、公園照明、公共施設照明のLED化
  2. 太陽光発電
  3. ガスコージェネレーションシステムの導入
  4. ペレットボイラーの設置
  5. ごみの再資源化率の向上
  6. 再生可能エネルギーの導入
  7. ゴーヤのグリーンカーテン
  8. ミサトっ子着用によるクールビズ
  9. 予約制乗合タクシー・路線バスの公共交通利用促進
  10. サテライトオフィスでのシェアエコノミー

個人でも取り組めることはたくさんあります。詳しく知りたい方は、環境省「COOL CHOICE」(外部サイトへリンク)ページへ

お問合せ

総務課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7311

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。