ホーム > まち・環境 > 土地 > 土地取引には届出が必要です

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

土地取引には届出が必要です

国土利用計画法は、適正かつ合理的な土地利用の確保を図るため、土地取引の届出制度を設けています。土地取引に係る契約(予約を含む)をしたときは、権利取得者(例えば、買い主)は土地売買などの届出をしなければなりません。提出期限は、契約締結日から2週間以内です。

届出が必要な
土地面積

市街化区域:2,000平方メートル以上

市街化調整区域:5,000平方メートル以上

都市計画区域外:10,000平方メートル以上

届出先

届出書に必要事項を記入し、添付書類(契約書の写し、地図など)とともに、都市整備課に届けてください。
※届出用紙は都市整備課にあります。また奈良県のホームページ(外部サイトへリンク)でも入手できます。

審査内容

土地の利用目的が、土地利用基本計画などの土地利用に関する計画に適合しない場合には、利用目的の変更を勧告し、是正を求めることがあります。

罰則

届出をしなかったり、虚偽の届出をすると6か月以下の懲役、または、100万円以下の罰金に処せられることがあります。

お問い合わせは奈良県地域振興部エネルギー・土地水資源調整課(電話番号0742-27-8484)までお願いします。

お問合せ

都市整備課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7342

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。