ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > こんなとき、固定資産税が減額されます

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

こんなとき、固定資産税が減額されます

固定資産税(家屋)の減額措置を受けるには、申請が必要となります。詳しい内容につきましては、役場・税務課までお問い合わせください。

固定資産税の家屋に係る減額制度

減額の種類

新築もしくは改修
工事の減額対象
となる期間

減額年数

減額割合

減額
対象
床面積

(一戸

あたり)

要件

新築住宅

一般

住宅

~平成32年3月31日

3

2分の1

120平方メートル

・居住部分の床面積が50平方メートル(一戸建以外の貸家住宅にあっては40平方メートル)以上280平方メートル以下の新築された住宅(家屋評価訪問の際に申請いただきますので、事前に申請の必要はありません。)

※1

中高層耐火
建築物

5

長期優良
住宅

一般

住宅

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の施行の日(平成21年6月4日施行)
~平成32年3月31日

5

2分の1

120平方メートル

・居住部分の床面積が50平方メートル(一戸建以外の貸家住宅にあっては40平方メートル)以上280平方メートル以下の新築された住宅で「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に規定する長期優良住宅(家屋評価訪問の際に申請いただきますので、事前に申請の必要はありません。)

※1

中高層耐火
建築物

7

サービス付き高齢者向け
住宅

平成29年4月1日

~平成31年3月31日

5

3分の2

 120平方メートル

・新築された「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき認定された「サービス付き高齢者向けの住宅」である貸家住宅で、建築基準法による主体構造部が耐火・準耐火構造であり、国又は地方公共団体から建築費の補助を受けていること

・居住部分1戸あたりの床面積が30平方メートル以上210平方メートル以下、かつ、住宅の戸数が10戸以上であること

※1

耐震改修工事 平成22年1月1日
~平成24年12月31日

2

2分の1 120平方メートル ・昭和57年1月1日以前から存している住宅
・自己負担が50万円以上(平成25年3月31日までに改修工事が完了した場合は30万円以上)の耐震改修工事を行い、耐震基準に適合すること
※1
平成25年1月1日
~平成32年3月31日

1
※2

バリアフリー
改修工事
平成19年4月1日
~平成32年3月31日

1

3分の1

※3

100平方メートル

・新築された日から10年以上経過した住宅であり、床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下であること(改修工事が平成28年3月31日以前のものは平成19年1月1日以前から存している住宅)
・65歳以上の方、要介護・要支援認定を受ける方、障害者のいずれかが居住すること
・自己負担が50万円以上(平成25年3月31日までに改修工事が完了した場合は30万円以上)のバリアフリー工事を行うこと

※1

省エネ
改修工事
平成20年4月1日
~平成32年3月31日

1

3分の1

※3

120平方メートル

・居住部分の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下の住宅(改修工事が平成28年3月31日以前のものは平成20年1月1日以前から存している住宅)
・自己負担が50万円以上(平成25年3月31日までに改修工事が完了した場合は30万円以上)の窓の改修工事を含む省エネ改修工事を行い、新たに省エネ基準に適合すること

※1

  ※1 居住部分の割合が1/2以上のものに限られます。

  ※2 通行障害既存耐震不適格建築物に該当する住宅は2年間

  ※3 長期優良住宅は3分の2の適用(平成29年4月1日以降に工事が完了したもの)

お問合せ

税務課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7314

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。