ホーム > まち・環境 > 上下水道 > 下水道 > 下水道に余った灯油等を絶対に流さないでください!!

ここから本文です。

更新日:2020年6月18日

下水道に余った灯油等を絶対に流さないでください!!

 下水道施設は、下水道を使用している方がお支払いいただいている下水道使用料等によって維持されている大切な施設です。

 この下水道に、汚水以外のものを流してしまうと、下水道管が詰まったり、ポンプ場や処理場等で機械の故障につながる恐れがあります。

 特に、下水道に余った灯油や石油類を流してしまうと重大な事故が発生する恐れがあります。

下水道に石油類を流されると起きること

 ○下水道管で石油類が揮発し、それに引火することで爆発事故が起きる恐れがあります。

 ○下水道管から揮発した石油類の臭いが上がり、広範囲に悪臭被害を発生させる恐れがあります。

 ○処理場での処理機能に損傷を起こし、下水の処理に重大な支障をきたす恐れがあります。

 ○下水道管の清掃作業が必要となる場合があり、多額の費用がかかる場合があります。

 少量の石油類でも多大な影響が出る可能性があります。

 「少しくらいなら大丈夫」などの軽い気持ちで絶対に流さないでください。

処分・回収について

 余った灯油等の処分方法については、購入先にお問い合わせください。町では灯油等の回収は行っておりません。

お問合せ

下水道課 

電話番号:0745-73-0999

ファックス:0745-73-0998

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。