ホーム > まち・環境 > 「コロナに関する債券」で社会貢献します

ここから本文です。

更新日:2020年6月26日

微力ですが、社会に貢献したい!                     三郷町は「コロナに関する債券」で社会課題に貢献します

 

SDGs

 

  新型コロナウイルスの緊急事態宣言は、5月14日には奈良県で、5月25日には全国で解除されましたが、感染症拡大の第2波がいつやって来るかも知れません。そして今も新型コロナウイルスの影響を受けている方が多くいます。

  そんな状況をなんとかするため、本町においても新型コロナウイルス感染症対策について、いろいろな支援を始めさせて頂いていることは、既にお知らせのとおりです。

  そしてこのたび、「コロナに関する債券」に投資する事といたしました。これは先に、本町が社会貢献事業の第一歩として、「SDGs債」に投資をした事に引き続くものです。

  「コロナに関する債券」の発行総額の一部(5700万円)は、新型コロナウイルス感染症による影響を受けた子どもたちへの支援や、経済的に困難な状況下の子どもたちを支える団体への支援を目的とした寄付金に充てられます。

  今後も、「SDGs未来都市・さんごう」として、社会貢献への使命・役割を果たし、『誰ひとり取り残さない社会の実現』に向けて、取り組みを続けていきます。

お問合せ

会計課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7381

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。