ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

妊娠中の方の新型コロナワクチン接種について

ページID:0002488 更新日:2021年11月5日更新 印刷ページ表示

昨今、新型コロナウイルスが若年層を中心に急速に感染拡大し、妊娠中の方も感染リスクが高まっています。

妊娠中でも希望する方は新型コロナワクチンを接種していただけます。

現時点で様々な研究・調査により、妊婦に対して短期的な安全性は示されつつありますが、中長期的な副反応や胎児および出生児への安全性については今後の情報収集が必要であると考えられます。

安全性に関する知見をふまえて、日々情報が更新されています。接種を受ける前には以下のサイトを参考に最新の情報をご確認ください。

関連リンク

個別接種

接種日・対応人数は、各医療機関で異なります。ご予約は各医療機関へ直接お問い合わせください。

妊婦健診を受けている産科医療機関で接種を受ける場合、住所地外接種届の提出は不要です。

(接種場所により届け出が必要になる場合もあるため、事前に産科医療機関のある市町村へお問い合わせください)

医療機関名 住所/電話番号 受付時間
城山台クリニック

城山台1-4-4
0745-32-6668

【電話予約】
9時30分~11時00分(月曜日、火曜日、水曜日、金曜日、土曜日)
18時00分~19時30分(月曜日、火曜日、金曜日)

やわらぎクリニック

立野南2-8-12
090-8381-4745
(ワクチン専用ダイヤル)

【電話予約】
10時00分~13時00分(月曜日、木曜日)

接種する前には必ず産科主治医に相談し、メリットとデメリットに関してご理解、ご納得の上で、接種するかどうかご判断ください。

産科主治医の確認がとれていない場合や、確認がとれていても接種当日の問診医の判断によりお断りする場合があります。なお、接種の際には必ず、母子手帳をお持ちください。

産科主治医や接種会場の問診医の判断で、ワクチンの接種前後に胎児心拍の確認やエコー検査等のため、受診を勧められることがあります。この場合、妊婦健診の補助券が使えないことがありますので、ご了承ください。

妊婦が感染した場合の約8割は、夫やパートナーからの感染であると報告されています。パートナーの方も接種をご検討ください。