ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 軽自動車税に関することについて > 軽自動車税(種別割)の税率について

ここから本文です。

更新日:2021年5月20日

軽自動車税(種別割)の税率について

令和元年10月1日より、軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更されました。

原動機付自転車・二輪車・小型特種自動車の年税額

車種区分 年税額
原付50cc以下 2,000円

原付50ccを超え90cc以下

2,000円
原付90ccを超え125cc以下 2,400円
ミニカー50cc以下 3,700円
ボートトレーラー等の被けん引車 3,600円

軽二輪125ccを超え250cc以下

3,600円
農耕作業用 2,400円
その他の小型特殊自動車 5,900円
二輪小型自動車250ccを超えるもの 6,000円

軽自動車(三輪及び四輪以上)の年税額

三輪及び四輪以上の軽自動車のうち、平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受けた車両は、新税率が適用されます。

最初の新規検査とは

初めて車両番号の指定(ナンバープレートの交付)を受けたときの検査をいいます。

最初の新規登録を受けた年月については、自動車検査証の「初度検査年月」欄をご覧ください。

グリーン化特例(軽課)措置

平成31年4月1日から令和3年3月31日までに、最初の新規検査を受けた三輪以上の軽自動車のうち、排出ガス性能及び燃費性能に優れた環境負荷の小さい車両は、新規登録の翌年度に限り、軽課税率が適用されます。(下表のとおり)

平成27年3月31日以前に最初の新規検査を受けた車両

平成27年3月31日までに登録された車両は、旧税率が適用されます。ただし、最初の新規検査を受けてから13年を経過した車両に対し、平成28年度から重課税率が適用されます。

令和3年度は自動車検査証の「初度検査年月」が「平成20年3月」以前の車両が重課税率対象です。

令和3年度の年税額

 

 

 

 

 

 

右記載のABに該当しないもの

(旧税率)

平成27年4月1日以降に

最初の新規検査を受けた車両(A

 

最初の新規検査を受けてから13年を経過した車両

(B)

(重課税率)

※4

 

 

 

 

(新税率)

平成31年4月1日から令和3年3月31日までに、最初の新規検査を受けた三輪以上の軽自動車のうち、排出ガス性能及び燃費性能に優れた環境負担の小さい下記の車両(軽課税率)

軽課税率

75%軽減

※1

軽課税率

50%軽減

※2

軽課税率

25%軽減

※3

軽自動車

3,100

3,900

1,000

2,000

3,000

4,600

四輪車

乗用

営業用

5,500

6,900

1,800

3,500

5,200

8,200

自家用

7,200

10,800円

2,700

5,400

8,100

12,900

貨物用

営業用

3,000

3,800

1,000

1,900

2,900

4,500

自家用

4,000

5,000

1,300

2,500

3,800

6,000

※1 電気軽自動車、天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合車両または平成21年排出ガス基準値より10%以上低減達成車両に限ります。)

※2 ガソリン車及びハイブリッド車で、平成30年排ガス規制50%低減または平成17年排ガス規制75%低減であり令和2年度燃費基準+30%以上達成の乗用車、または平成27年度燃費基準+35%以上達成の貨物車

※3 ガソリン車及びハイブリッド車で、平成30年排ガス規制50%低減または平成17年排ガス規制75%低減であり令和2年度燃費基準+10%以上達成の乗用車、または平成27年度燃費基準+15%以上達成の貨物車

※4 電気、燃料電池、天然ガス、メタノール、混合メタノール、ガソリンハイブリッドの軽自動車及び被けん引車の各車両は重課税率の対象外です。

お問合せ

税務課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7314

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。