ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 軽自動車税の減免制度について

ここから本文です。

更新日:2018年9月14日

軽自動車税減免制度について

歩行が困難な障がい者の方などが所有する車両で、日常生活を送るのに欠かせない「生活手段」となっている軽自動車などの税を、減免する制度が設けられています。

軽自動車の所有者本人が障がいを持たれている場合のほかに、18歳未満の身体障がい者、または精神・知的障がい者と生計が同一である方が所有される軽自動車も減免が適用されます。

減免は、障がい者のために使用する軽自動車等1台(1人の障がい者について1台)に限られています。そのため、普通自動車等の自動車税が減免となった年度は、軽自動車税は減免されません。

減免の適用を希望される方は、納税通知書が届いてから納期限(毎年5月末)までに役場・税務課で申請してください。

本人から委任された代理人も申請できます。

軽自動車の減免は、毎年申請が必要になりますのでご注意ください。

【お持ちいただくもの】

1.運転免許証(コピー可)

2.所有者の印鑑(代理人が申請する場合は代理人の印鑑)

3.マイナンバーカード、または番号通知カード

4.次のア~エのうちいずれか

ア.身体障害者手帳、イ.療育手帳、ウ.精神障害者保健福祉手帳、エ.戦傷病者手帳

減免できる範囲

身体障がい者(身体障害者手帳の交付を受けている方)の障がいの区分

障がいの級別
本人の運転 生計同一の
家族運転
常時介護者の運転

視覚障がい

1級~4級 1級~4級 1級~4級

聴覚障がい

2級・3級

2級・3級

2級・3級

平衡機能障がい

3級

3級

3級

音声機能障がい

3級
(咽頭摘出による音声機能障がいがある場合に限る)
- -

上肢不自由

1級・2級 1級・2級 1級・2級

下肢不自由

1級~6級 1級~3級

1級~3級

体幹不自由

1級~3級・5級 1級~3級 1級~3級

乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障がい

上肢機能 1級・2級 1級・2級 1級・2級
移動機能 1級~6級 1級~3級 1級~3級

心臓機能障がい

1級・3級 1級・3級 1級・3級

じん臓機能障がい

1級・3級 1級・3級 1級・3級

呼吸機能障がい

1級・3級 1級・3級 1級・3級

ぼうこうまたは直腸の機能障がい

1級・3級 1級・3級 1級・3級

小腸の機能障がい

1級・3級 1級・3級 1級・3級

ヒト免疫不全ウイルスによる
免疫機能障がい

1級~3級 1級~3級 1級~3級
肝臓機能障がい 1級~3級 1級~3級 1級~3級

2つ以上の部位に障がいがある場合は、いずれかの部位の障がいが「減免できる範囲」の級別に該当していることが必要です。

同一の部位に重複して障がいがある場合は、手帳交付先の福祉事務所でその部位の合計した等級を確認してください。例:膝関節機能障がいと股関節機能障がいがある場合の下肢不自由の等級など。

知的障がい者の方の障がいの区分

療育手帳をお持ちの方

A1・A2・A


精神障がい者の方の障がいの区分

精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方で
通院医療費の公費負担を受けている方

1級
(自立支援医療受給者(精神通院)を受けている方に限ります)

戦傷病者手帳をお持ちの方

戦傷病者手帳をお持ちの方

減免できる障がいの程度は、税務課までお問い合わせください。

お問合せ

税務課 

奈良県生駒郡三郷町勢野西1丁目1番1号

電話番号:0745-43-7314

ファックス:0745-73-6334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

当ホームページで使用している全てのデータの無断転載を禁止します。