ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 暮らし・手続き > 上下水道 > 下水道 > 公共下水道の使用に関する情報

本文

公共下水道の使用に関する情報

6 安全な水とトイレを世界中に9 産業と技術革新の基盤をつくろう
ページID:0002501 更新日:2022年7月1日更新 印刷ページ表示

排水設備改造工事

供用開始の区域のみなさんには、公共汚水桝に家庭から出る汚水(生活排水を含む)を放流するための宅地内排水設備改造工事(以下、排水設備改造工事)をして頂く事になります。排水設備改造工事は全額個人負担となりますが、その費用負担が困難な方は、金融機関への融資あっせん制度がありますので是非ご利用ください。

指定工事店

各ご家庭が公共下水道へ接続するため排水設備等の工事をするには、町が指定した専門の技術と資格を持つ排水設備等工事等指定工事店 [PDFファイル/96KB](以下、指定工事店)でしか施工する事が出来ません。指定工事店は公共下水道への接続の申請から完了までご本人に代わって作業を進めてくれます。
指定工事店以外の業者への発注や、あらかじめ町長の確認を受けないで施工するなどの違反工事は、絶対にしないで下さい。また、町が交付する排水設備等計画確認書を必ず確かめて下さい。

排水分担金

排水分担金とは、下水道事業費の一部を下水道が整備されたことによって直接受益を受ける方に負担していただく事により、一層の事業促進をはかるために、ご負担していただくものです。

排水分担金
(税抜き)

200,000円
(ただし平成4年4月1日以前に三郷町住民基本台帳に記録されている方は、100,000円)

手数料

手数料とは、排水設備等の計画が法令及び条例に適合しているかを審査し問題が無ければ排水設備等計画確認書を交付、また排水設備等の工事が完了した時に検査を行う為に、ご負担していただくものです。

手数料

4,000円(確認審査2,000円、完了検査2,000円)

公共下水道使用料

排水設備改良工事が完成すると、汚水を公共下水道へ流す事が出来るようになり、汚水量に応じて下水道使用料をお支払い頂く事になります。(汚水量は水道使用水量としています。)
(使用料金)
下水道使用料金は、水道水を使用した量を汚水量として認定し、下記の表を基に汚水量に乗じて計算され、水道料金に加算されて請求されます。

 

下水道使用料金単価(税抜き)
水道使用量1立方メートル当り

一般排水

300立方メートル以下

120円
中間排水 301〜750立方メートル 152円
特定排水 751立方メートル以上 180円

(例)汚水量(水道使用水量)が30立方メートルの場合

30立方メートル×120円/立方メートル×10%(消費税)=3,960円が水道料金に加算されて請求されます。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)